朝丘雪路 雨がやんだら 昭和45年(1970年)

作詞:なかにし礼 作曲・編曲:筒美京平

 

ユーチューブ動画を見させていただいています(5~60代の頃でしょうか)(黒いドレスが素敵です)

 

迫力の歌唱 朝丘雪路

 

ご本人歌唱映像を見るのは、ほぼ初めてだと思います

 

雨がやんだら お別れなのね 二人の思い出 水に流して

 

優しい笑顔で、語りかけるように入っていきます

「水に流してぇ~ぇ~~」で、軽くショックを受けました(そういう歌い方なのですね)

 

 

二度と開けない 南の窓に ブルーのカーテン 引きましょう

 

さらに、同じくしっとりと入ったのち、このところで一瞬息が止まりました

「引き~ましょうォゥ、ォゥ~ゥ~~」(驚きが隠せません)(ただものではないことを、確信しました)

茶化して大げさに書いていると思われるかもしれません

しかし、事実はまだまだ言い足りないのです

 

 

濡れたコートで 濡れた身体で

 

「濡れたコートでぇぃ~ィェィ」「濡れた身体でぇぃ~ィェィ(鳥肌が立ってきました)

音の一つ一つも正確で、初めから安定しておられます

そして何より素敵なのが、この部分での微妙な声の裏返りです

 

分かっていただけたでしょうか、これまでの感動を!

骨抜きになるとはまさにこの事、完全に魅了されてしっまたのです

 

 

あなたはあなたは 誰に誰に 逢いに行くの かしら

 

「誰に誰に」と「か~しら」の歌い方は、ことのほか力強く声が響き、動きが大きくなります(この迫力は、和田アキ子さんにも少しも引けを取っていません)

最後の両手を高々と上げるお姿は、お見事としか言いようがないのです(嫌味が一切なく、品の良さしか残りません)

 

そして1番のラスト歌詞です

 

雨がやんだら 私はひとり ドアのもたれて 泪に むせぶ

 

「むっ  す~せぇぶぅ~う~~~~~」(「せ」までのタメが、もうたまりません)(最後のビブラートで、当然完堕(お)ちです)

 

申し訳ありません

ここまで一切、「なかにし礼」さんの素晴らしい歌詞がぜんぜん入ってきません

 

素敵な笑顔に見とれ、に魅了され、ビブラートに度肝を抜かれ、体全体で表現するパフォーマンスに、くぎ付けとなっていたのでした

 

そして、雨がやんだら・・・

 

 

雨がやんだら・・・

あなたのつくった インクのしみを 花瓶(かびん)をずらして 隠(かく)しましょう

 

部屋を出ていく「あなた」

雨に濡れた、「コート」をそして「あなたの身体」を一体どんな人が温めるのでしょうか?

そんなことを考えながら、彼女は「あなた」と作った思い出(インクのしみ)をそっと心に隠すのでした(「花瓶をずらして隠す」この表現が好きです)(そして、なんて素敵な旋律なのでしょう)

 

 

雨がやんだら 私はひとり あなたのガウンを まとってねむる

 

哀しい最後の場面ですが、「朝丘雪路」さんの振舞いと、「筒美京平」さんの作曲力で、すべてが救われるのです

 

このユーチューブ動画、最後に朝丘さんは一回転して、しなやかにお辞儀をします

これこそがお嬢様!「朝丘雪路」さんなのでしょう

けれんみなど一切なく、誰からも愛された「昭和の大スター」の姿がそこにありました(スタジオには、たくさんの歌手たちがいて、彼らの笑顔と、感服したまなざしが印象に残りました)

 

なお、「朝丘雪路」様におかれましては、数々の「お嬢様エピソード」がございます

興味のある方は、調べてみてください

 

きっと今以上に「雨がやんでもお別れ」したくなくなるでしょうから・・・

 

P.S.

 

”ウィキペディアからの参照になります”

 

宝塚音楽学校

 

創業者「小林一三」(こばやしいちぞう)阪急電鉄・阪急百貨店・東宝グループの総帥でした

兵庫県宝塚市に校舎を置く 予科・本科合わせて2年制の宝塚歌劇団団員養成所

応募資格(満15歳~18歳)の第一に「容姿端麗」である(今の時代にサスガです)

 

【服装】・【予科生の心得】がこれまた素晴らしい

白の三つ折りソックスは当然(?)としても、腕時計は黒革ベルトのみ(素晴しすぎます)

登下校の際は、二列縦隊(最大6人)で行進しながら、道行く上級生一人一人に挨拶します

(縦隊とか行進などの言い回しが、笑わせに来ているとしか思えません)(ニレツジュウタイで変換しても「渋滞」「重体」が出てくるし…)

校内では、廊下の端を一列で歩くのは基本(?)でしょうが、「しゃべらない・笑わない・走らない」

 

阪急電車乗車の際は、最後尾の車両に乗り、着座も厳禁です(親と同伴でも許しません)

下車駅では、走り去る阪急電車を最敬礼で見送ることも、規則で決められているらしい (まさに、戦前、戦中の予科練の方たちも驚く内容です)(予科練=海軍飛行予科練習生)

そうですか、予科生の方々には、「頑張って下さい」と言うしかありません

 

「清く、正しく、美しく」

 

でも言葉をかえせば、今の時代にこのシステムがいまだ稼働している事に、尊さと一種の安心を感じずにはおれないのです

 

小林一三の教え「朗らかに、清く、正しく、美しく」

それは、「予科生」の象徴的な言葉であり、まさに「朝丘雪路」さんそのものだったのです

ここには偉大なる「昭和」が残っていたのでした。

 

 

昭和の名曲 再会 松尾和子

昭和の名曲 ここに幸あり 大津美子 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました