僕にまかさてください クラフト 昭和50年 さだまさし:作詞・作曲

さだまさし:作詞・作曲

 

 

きみはその手に 花をかかえて 急な坂道(さか)をのぼる

中略

草をつみながら 振り返ると 泣き虫のきみがいた

 

この出だしのフレーズは「さだまさし」さんにしか作れない、不滅の旋律だと思います

そこに、美しい日本語や、とても優しい言葉が紡(つむ)がれていくのです

 

僕にまかせてください

 

場面は、彼女の母のお墓参り

 

大事に育てられたであろう彼女との愛を、亡き母の墓前に誓います

 

 

僕が大切にしている 陽だまりのような人

それもそっと きみのかあさんが 残してくれたもの

 

彼女がとても大切にしているのは、かあさんが作った藤色のお手玉です

「お手玉」と「陽だまりのような人」、それは彼女と僕の大切なものです

かあさんが残してくれたものが、見事に呼応しています

 

お墓の草を取るのではなく、摘(つ)むのです(なんて優しい表現でしょう)

「陽だまり」「草摘む」「れんげ草」は春の季語で統一されているのです

彼女の人柄に、穏やかさを重ねているかのように・・・(ちなみに、「草取り」となると夏の季語になり、いただけません。流石です)

 

この時期の「さだまさし」さんの作品には、畏敬の念しかありません

彼はこの曲の題名を当初「彼岸過迄(ひがんすぎまで)」としていました

イメージが暗いと指摘されて変更したようです (”ウキペディアより”)

販売的には、正解だったのでしょう

 

「彼岸過迄」と題した「さだまさし」さん

惹(ひ)かれてやまない理由がこんなところにもある気がします

後に彼は『僕にまかせてください』のセルフカバーを収録しました

細かい事ですが、最後の繰り返し部分

 

 

両手をあわせた かたわらで 揺れているれんげ草

あなたの大事な人を僕に まかせてください

 

上記の1番の歌詞を、繰り返しに持ってきています(クラフト・オリジナルは2番)

私も1番が似合う派です(「かたわら」という言葉と「れんげ草」が好きだから…かもしれません)

 

クラフトとマンドリン

 

マンドリンの音色

ボーカルの声とマンドリンの響きに癒(いや)されます

ピアノを弾かれながら歌われる映像が残っていました(昭和50年)

オリジナルと変わることのない生演奏は、「クラフト」にしか出せない世界があり、あまりにも早い解散が悔(く)やまれます

 

以前動画のコメント欄に「マンドリン?の音が聴きたくなると、ここを訪れます」と書き込むと、「フラットマンドリン」であると、親切に教えてくださいました

マンドリンには派生タイプがあるらしく、フラットマンドリンは、少しレトロな小さめのギターみたいなイメージでしょうか

 

てっきり、楽器「琵琶(びわ)」のようなものだと勘違いしていました

この音色といい、独特な演奏の仕様といい、この曲には欠かせません

 

ミュージシャン・三井誠

 

作曲家として、現在も活躍されています(奥様はなんと、女優・高橋洋子様、お目目真ん丸で、笑顔が特に好きでした)

 

稲垣潤一『クリスマスキャロルの頃には』を作曲されていました

秋元康の詩が先行し、サビの部分が印象的です(正直、ここしか知らない私でした)

 

改めてじっくりと聴き直してみると、とてもいいんです

見事な曲でした(クリスマスソングといえば「安奈」しか聞かない私がバカでした)

 

P.S.

 

蓮華草(れんげそう)

 

【やはり野に置け蓮華草】

 

先ほどの、動画コメント欄にあった言葉です(初めてききました)(ユーチューブは、色んなことを教えてくれます)

 

れんげ草は、野に咲くから美しく見えるのであって、それを摘んで家に飾っても調和せず、美しく見えないことから

俳人「滝野瓢水」が、遊女を身うけしようとした友人をいさめた句

「手に取るな やはり野に置け蓮華草」から(遊女は、色町にいてこそ美しく見える)

                                  ”故事ことわざ辞典より”

 

含蓄のある言葉です

 

幼い頃、れんげ草をむしり取り、花の蜜を吸って喜んでいました

また、足で踏んづけたり、寝転がったりもしていました

 

野に置かれたままれんげ草も、また、堪(たま)ったものではありません

春のお彼岸には、まだ遠く、寒い日が続いています

春とともに咲き始めるれんげ草に、かたわらで、そっと両手を合わせたいと思います

 

P.S.2

 

私の『僕にまかさてください』

 

結婚して2か月後、嫁の母が亡くなりました

いわゆる「できちゃった婚」でしたので、2か月後に長男の誕生です(初孫の顔をみずじまいです)

その2か月後、アパートの前にベビーカーが届きました

 

亡くなった母からです

お墓の前で、この歌を思い出しながら手を合わせたのが、もう21年も前になります

最近は、ご無沙汰しておりますが、もうすぐ命日がきます

あなたの大事な人は、気強く仕事に励んでおられます(年間360日は働いているようです)(生き生きと楽しそうなので、勘弁して下さい)

 

こんな私にまかせてもらったことに、”ぽつりと ありがとう” とお伝えしたいと思います

 

 

名曲 吾亦紅(われもこう) すぎもとまさと

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました