岡崎友紀 グッドラック・アンド・グッドバイ 昭和51年(1976年)

作詞:荒井由実  作曲:荒井由実

 

70年代前半からの国民的アイドル 岡崎友紀

 

学園ラブコメディー「おくさまは18歳」

 

ご主人様は、アフロヘアーでお馴染みの石立鉄男さん扮する学校の先生

コメディータッチのこのドラマは一世を風靡(ふうび)し、岡崎友紀さんはスターへと駆け登っていきました。

 

荒井由実の提供曲

 

ユーミンのオリジナル曲として信じていた私は、軽いショックとともにまた違う世界が広がるこの歌に接し、感動を覚えずにはいられませんでした。

 

少し甘い声に誘(いざな)われ、優しく包まれた気分にしてくれます。

私の知る「荒井由実」バージョンより、少しスローテンポのせいばかりではない気がします。

 

セリフ部分は彼女しか表現できない世界

 

この曲には、間奏部分にセリフが入ります。

 

どのくらい会ってなかったかしら

でも変わってなくて 安心したの

だって私・・・ぜんぜん・・・昔のまま

 

ここに、このセリフの言い回しに、「岡崎友紀」にしか表現できない何かがある気がするのです。

 

しかも何とも可愛いく、キュンとします(おじさんが言うと少し気味悪いけれど)

ご存じのように、その後すぐに荒井由実さんがセルフカバーした時にはセリフはカットされておられます(決して深い意味はなく、なんら他意もございません)

 

時代が求めたのか、それとも彼女の才能が際立っていたのか・・・

 

才能あるものたち、努力を惜しまに人たちを芸能の神が引き寄せたのか

 

たぶん、稀有(けう)なタイミングで、テレビマン・脚本家・俳優陣たちの出会いによって見事な作品が生まれ、国民的スターの誕生となったのでしょう。

 

荒井由実恐るべし!

 

あと、先ほど気づいたのですが、「ぜんぜん」の言い回しが今と一緒なのです。(古い私はぜんぜんのあとは否定形がくるのが当たり前、肯定されたり、強調されると気持ち悪くてしょうがなかった)(ただ今は普通に自分でも使っているが…)

 

驚きです

時代はまだ、昭和51年なのです

時代を先取り、大衆を魅了するユーミンの若き勇者の片鱗(りん)を感じずにはいられません。

 

そして、この哀しくも切ない唄に、何故か励まされ、勇気をもらい、心地よい安心感すら受ける「岡崎友紀の世界」にある種の驚きと畏敬(いけい)の念を感じずにはいられません。

 

『グッドラック・アンド・グッドバイ』

 

 

混んだバスの くもった窓に書く・・・

 

この歌詞とこのメロディーラインが、死ぬほど、たまらなく、震えるほどに大好きなのです(冷静に普通に言い換えれば、いいね!って感じです)

しかも

 

 

あの人に 見えるように・・・

 

最後に限りなく切ない場面が、まるで映画を観ているように描かれます

 

 

傷ついた恋だったが、今は跡形(あとかた)も残っていないと思っていたのに・・・

 

”でもあたたに送って欲しいから”

”そして最後まで見ていてもらいたいから”

”いや、どうしても書かずにはいられないから”

”これで本当の別れが出来るから”

 

そんなすべての思いをこのメッセージに込めて・・・

 

「Good Luck」and 「Good-by」

 

皆様方にも大いなる幸(グッドラック)がありますように・・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岡崎友紀 / 岡崎友紀 ベスト30 [CD]
価格:2105円(税込、送料別) (2019/11/3時点)

 

P.S.

 

時は、「おくさまは18歳」の時代 昭和45年

 

恥ずかしながら、帰ってまいりました・・・

 

当時はまだ幼く、岡崎友紀さんの女性としての魅力に気づくはずもなく、改めて振り返ってみると驚きの連続でした。

 

まずは歌唱力および作詞力、そして「コミカル」という言葉だけでは言い表せない素晴らしい演技力です。

 

また、石立鉄男さんがまだアフロヘアーでなっかた事や寺尾聡さんが哀しい3枚目役を演じているなど、意外なことばかりです。

先生と生徒が結婚していることを、どうしても秘密にしたい学園長「森川信」さん

愛されしコメディアンであり、実力派俳優でもあります。

 

何度か繰り返される「いいですか! いいですね!」の絶妙なセリフ

今更ながら、懐かしさも手伝って、かなりハマっています。

 

当時、「いなかっぺ大将」と「柔道一直線」が大好きだったマヌケな少年は、ほんのうわべさえも理解しようとせず、四つ上のねえちゃんのとなりでボケっと見ていたのでした。

 

恥ずかしながらこの私、記憶も不十分であり、ユーチューブに助けられながら、古(いにしえ)の良き時代へ帰っていく次第でございます。

 

あと、なんたって18歳!(バスガイド編)と、大人の雰囲気が漂う大ヒット曲『ドゥー・ユー・リメンバー・ミー』(YUKI名義でリリース)も、かなりおススメです。

 

 

昭和の名曲 卒業写真 荒井由実(松任谷由実)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました