ホテル・カルフォルニア イーグルス  昭和52年~54年(1977年~79年) オネスティ(Honesty) ビリー・ジョエル

オネスティ 作詞・作曲 ビリー・ジョエル   昭和54年

 

昭和(?)の名曲

 

日本の曲を前提にを考えていましたが、どうしてこの2曲は取り上げたい作品です。

 

正直、洋楽はほとんど知らない私は、選択肢が少なさすぎるのかもしれません。

そんな私の心にも十分に響き渡る曲なのです。

 

英語音痴の私には・・・

 

「お~~ねすてぃ~」     う~ん 正直者の人?

 

「さぁっちぃ なんちゃら」  そんな何か?

 

「トゥルー」とか「ビリーブ」  うんうん 真実やら信じるなどの言葉が使われているのか

いい人の歌に違いない!

 

聴いてた当初は、そんな漠然としたイメージの曲でした。

あたらずとも遠からず かな

 

いや、遠からずと言えども、まったく当たってははいませんでした。

調べてみると、「不信感」や「誠実」であることの難しさを正面から問いかけているのでした。

優しく語り掛けてくれる曲調は、どこか哀愁を帯びていたのが納得されます。

 

二番から違う人が歌っている?

 

そんな風に感じてしまうのは、たぶん私だけでしょう

シロウト感満載のコメントになりましたが、結構本気で疑っていました。

 

『違いが分かる男』? になりたい

 

まぁ、そんなこんなで歌謡曲が最高!歌詞の意味も分からない洋楽なんて・・・と信じ込んでいた私

「クリープを入れないコーヒーなんて」のイメージでしたが、この作品でがらりと考えが変わっていったのです。

 

”誠実という言葉は、とても難しく寂しい響きを感じる”

”でも僕たちには一番大事なこと”

ビリージョエルは何度もの失望しても、最後まで訴え続けているのです。

 

コーヒーの美味しさがほんの少しだけ理解できたのかもしれません(自分でも意味がよくわかりません)

そして、コーヒー飲みの王道「ブラック」の凄さを決定づける曲との出逢いが待っていました

(こちらもイミフですが、その後とんでもない曲が私の前に現れたのです)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Billy Joel ビリージョエル / Billy The Best 【CD】
価格:2530円(税込、送料無料) (2019/10/26時点)

 

ホテル・カルフォルニア  イーグルス  昭和51年

 

イントロの53秒は神

 

せめてイントロとエンディング1分10秒だけでも聞いてください

これほどの芸術には早々触れる機会はありません。

 

ユーチューブを見て初めて知ったのですが

 

ドラムを叩きながらのメインボーカルの方のパフォーマンスは、「C-C-B」しか知らない私にとって、衝撃でしかありませんでした。(C-C-Bをディするつもりは毛頭ございません)

 

二人のエレキギター(表現がシロウトですみません)も感動的テクニックで魅了されます(バンダナを巻いてる人を見ると、何故か「ダイ・ハード」のラストでの首謀者がよぎります)

コーラスまでも最高(男性のハイトーンボイスにしびれます)

 

音楽にまっすぐ

 

ただひとえに音楽を極めたい

 

好きな事を、楽しく、常に最高のパフォーマンスを追求しながら・・・

そんな思いが、純粋に映像から伝わってきます

 

アーティストの方々は、「ユニクロ」のシャツや「しまむら」のトレーナーをシンプルに着こなし、清々しくも潔いのです。(あくまでも個人の想像であり感想です)

 

イントロのバラードからのエンディングのロック

 

ボーカル終了後の1分40秒

 

ロックの世界を極めます

普通に考えれば確かに長いけれど、私には永遠に続いてほしい貴重な時間でした。

 

超一流のオーケストラで最高の交響曲を聴いているのです

 

歌詞の内容については解説をいくつか読みましたが、正直難しくてよく解りませんでした。

 

この作品は1970年代を代表するクラシック音楽だと勝手に決めています

歌詞など必要ありません(やや乱暴かな)(英語が出来ないヒガミも含まれています)

 

音楽の原点をここに見付けることが出来ましたのです

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホテル・カリフォルニア [ イーグルス ]
価格:2745円(税込、送料無料) (2019/10/26時点)

 

P.S.

 

無料動画は罪

 

このコンサート映像はタダで見れる次元を超えており、罪悪感さえ覚えます。

お金をためて、自宅で大画面映像を鑑賞することが私の夢です。

 

近い将来、必ずやDVDを購入します事をここにお誓いしますので

もう暫(しばら)くYouTubeを観させてください。

アーティストの方々、ごめんなさい。

 

 

名曲 X JAPAN(エックスジャパン)Forever Love(フォーエバー ラブ) 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました