朱里エイコ 北国行きで 昭和47年 第23回紅白歌合戦 ベスト5曲 ①

昭和47年 第23回NHK紅白歌合戦は、視聴率80.6%の怪物番組となりました

その中から勝手に厳選し、6曲をご紹介いたします

 

紅組、トップバッターは

 

 朱里エイコ

 

作詞:山上路夫 作曲:鈴木邦彦

 

堂々たる紅白初舞台

 

黄色く輝くラメ入り衣装は、スタイルの良さを引き立てます

当然、お決まりの超ミニスカート(よくぞ許したNHK)

 

16歳で単身渡米した彼女は、帰国後すぐに、この歌をヒットさせます

安定した声量・歌唱力は圧巻でした

 

ダンスもキレキレ

 

1番を歌い終わると、「イエッイ!」と小さく気合を入れなおします

威風堂々たるやモノが違います

 

リズムに乗った軽やかなステップ

自然な流れで、グルリと回したマイクのコードを小指に挟みます(カッコよすぎです)

なんて素敵な「おねえさま」でしょう

 

心の中で喝采いたします

(ただし、当時は「石橋正次」「南沙織」「青い三角定規」の面々が待ち遠しかったけれども…)(まだまだ子供でした)

 

北国行きで  昭和47年

 

スーツケース ひとつさげ

 

この時代あたりから、女性の方から別れを告げる内容が、散見され出した気がします

ちょうど、女性たちが自立し、社会進出が目立ち始めた頃でしょうか

それまでは、身勝手な男がボストンバッグを肩にかけ、飛び出していく・・・

 

そう、堺正章の『さらば恋人』(歌詞及びレコードジャケット)や石橋正次『夜明けの停車場』のイメージでしょうか

 

これからは一人で生き抜くことを予感させる、悲しくも力強い女性のイメージに「朱里エイコ」さんはぴったりだったかもしれなせん

 

 

にくみ合わない その前に 私は 消えていくの

 

彼女はそっと身を引きます

スーツケースを一つ携(たずさ)えて・・・

 

葛藤と苦悩

 

ダンスも踊れ、歌唱力・表現力も抜群です

しかし、実力さえあれば、作品さえよければ、レコードが売れるわけでないのです

 

特にこのころは、アイドル全盛の時代(申し訳ありません、私もそっちばかりに目がいっていました)

ヒット曲がなければテレビに出れないのです

 

実力も備えたうえで、たいへんな努力家でもある彼女

80年代に向けて、厳しい現実と向き合います

時代が合わなかったのか、生れてくる国を間違えたのか

 

56歳の若さで永眠された偉大なアーティスト

昭和47年の紅白でのパフォーマンスは永遠に残したい文化遺産だと思います。

 

P.S. うるう秒

 

原子時計と地球の自転速度の誤差の調整らしいです

ちょっと調べたが、かなりややこしいので、ザックリと

 

一日を24時間としている現在、実際の地球の自転時間はのほんの少し多くかかる

例:24時間+(0.002秒)/日

この時間差を数年に一度調整する=うるう秒(らしい)

 

現在のシステムが初めて導入されたのが1972年なのです

記念すべき年・記念すべき紅白・記念すべき美脚?

 

昭和47年、万歳!、あなたはエライ。

 

閏(うるう)年 同じ「うるう」がついても、全く別物

 

うるう秒が自転の誤差に対し、うるう年は公転

 

地球は太陽の周りを1年かけて一周しています(公転)

一般的に365日/年

 

4年に一度うるう年があるのはナゼでしょう

ザックリ365日であって、細かく言うと365.24日

例:365日+5時間48分/年

 

この毎年の積み重ねを(5.8×4=23.2時間)を4年分まとめたのが、2月29日(うるう日)

ここからがややこしいのですが、4年に一回(24時間)のうるう年を作ると引きすぎます

そこで100年に一回うるう年だけど、平年(365日)扱いするのです

 

ここまでは、私とは違い、賢い優等生・パソコンのこと、当然習っていました

しかし、しかし、天文学?の奥深さ(太陽暦か)

100年に一回だと、足しすぎちゃいます

 

なので、400年に一度、「裏の裏は表」うるう年扱いです

もう、なにがなんやら、頭が痛くなってきます

 

2000年問題

 

何も知らされていなった、「優等生」君は100年一度なので西暦2000年になると平年扱いするのです(すこし出来の良くない子は、下二ケタだけで判断し、1900年と考える子もいたらしい)

 

すべて数値化することは、大変便利ですが、融通が利かないことも多々あります

 

何が言いたいのかというと(長々と訳の分からないことを言ってすみません)

 

少しゆいる~昭和が懐かしく、私にはとてもお似合いの時代だったかもしれません

閏(うるう)とは「潤」と混同され「うるおう」がなまったものらしいです

 

昭和47年・第23回紅白出場者の方々は、有り余るほどの「潤い」を与えて下さることを予感いたします。

 

第一回「朱里エイコ」編

 

 

昭和の名曲 青い三角定規 太陽がくれた季節  ②

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました