弘田三枝子『人形の家』 昭和44年(1969年)

作詞:なかにし礼 作曲:川口真

『人形の家』

 

1969年発売のこの曲については、リアルタイムでほとんど記憶にはないのですが、かすかに耳に残るぎりぎりのラインです

 

バッハ的に例えるならば、「記憶線上に残るアリア」(?)

叙情的、旋律的な特徴の強い独唱曲なのでした

 

始まりの歌詞は

 

“顔も みたくない程 あなたに 嫌われる なんて”

 

最初の注目点は、イントロのベースの音色とコーラスでしょうか

 

そして「なんて」の「なん~ぅん~~て」の歌唱法、たまりません(2番でもでてきますので、しっかり聴いてみることをお勧めします)

 

これほどまでに嫌われた経験のない(たぶん、気づいていないだけかも)私は、逆を返せば、きっとこんなにも愛されることもなかったのでしょう

 

 

“とても 信じられない 愛が 消えた いまも“

 

素晴しい倒置法です。

作詞家「なかにし礼」さんの作品はどれも素晴らしく『手紙』『石狩挽歌』『グッド・バイ・マイ・ラブ』・・・題を聞いただけで泣けてきそうです

 

 

“ほこりに まみれた 人形みたい“

 

早くも、物語は佳境に入っていきます

有り余る声量で、サビまでの橋渡しを、ゆっくりとじっくりと丁寧にこなしていかれます

 

皆さん、もう泣きぬれる準備はできているでしょうか

哀しい唄・辛い想い・健気な気持ちを歌った曲を専門に聴いている私は、老眼鏡はどこに置いたかよく忘れますが、ティッシュボックスは肌身離さず ”部屋のかたすみに忘れる” なんて許されないのです

 

 

“愛されて 捨てられて 忘れられた 部屋のかたすみ”

 

そして2番は

“待ちわびて 待ちわびて 泣きぬれる 部屋のかたすみ”

 

この歌詞の存在が、「なかにし礼」さんのすべてを物語っているといっても過言ではありません(たぶん過言です)

 

 

“私は あなたに 命を あずけた“

 

ここまでずっと抑えながらためてきた気持ちを、最後の最後に開花させるこの旋律です

 

作曲家「川口真」さんは、『片思い』『他人の関係』『積み木の部屋』と何度となく、私の心の中に、奇跡的ともいえる旋律を投げてこられます

「千鳥」「雪舟」と共にわが岡山の偉大なる星なのです)

 

最後の歌詞「命をあずけた」

 

「命をかけた」では、意志が強くですぎるようです

この言葉に、ここに登場する女性の、そして当時の「弘田三枝子」さんのイメージが、ピッタリとはまります

 

弘田三枝子

 

戦後間もない頃に生まれ、進駐軍キャンプでポップスやジャズを歌っていたという彼女です(ちなみに、キャンプといっても、バーベキューをしたりはしません)

その後、GSブームなどに乗り遅れ、カムバックを果たした曲が『人形の家』(当然、ガソリンスタンドとも関係ありません)

 

ダイエット等により大幅にイメージチェンジした彼女は、まさに「人形」のようだったみたいです

それはプロとして、身も心もこの歌に「寄せて」いきたかったのかもしれません

 

最先端のファッション及びその美貌で、健気な女性の思いのたけを、文字通り「命をかけて」表現されたのでした

 

彼女のその後の変遷について、いろんな意見があることを承知しています

 

ただ当時出来うる最大限のパフォーマンスを彼女が披露されており、素直に感動し心から称賛したいと思います

現在の彼女がどうであれ、昭和の名曲『人形の家』になんらマイナスの影響を与えるものではありません

 

今もってたくさんの人達を魅了する、偉大で貴重なる「昭和の芸術品」として、大切にしまっておきたいと思います

そして、時々お蔵から取り出して眺めることは、老後の何よりの楽しみとなるでしょう。

 

P.S.

 

『人形の家』の編曲はいたってシンプルであり、その象徴的なのが「タンバリン」です

 

タンバリン

 

ドラムベースが中心の今の音楽にあって、この「タンバリン」のリズムはとても新鮮です

サビでのリズム打ちは耳にとても心地よく、マネしたい衝動に誰しも駆(か)られるでしょう(そういえば、最近カラオケ店にこのタンバリンが置かれていないのは、寂しい限りです)

 

そして「タンバリン」といえばこの歌

 

タンバリン リン リン タンバリン  タンバリン リン リン タンバリン ・・・

 

この部分のフレーズしか出てこず(最近やたらとこの経験が増えています)、さっそくグーグル様に教えを乞(こ)うと・・・

 

『タンバリン、凛凛」

こんな題だったっけ?

「ロッカジャポニカ」などという、意味不明の言葉も添えられていました(「ジャポニカ学習帳」なら、よく覚えているのですが…)

??

 

どうもアイドルグループの曲らしいとことを、ユーチューブ先生が知らせてくれました(意外といい曲でした)(制服姿も可愛いし…)

 

いやいや、私が求めていたのはなんか違います

再度、じっくりと案内していただくと、出てきました

 

『真実一路のマーチ』(作詞:星野哲郎 作曲:米山正夫)「水前寺清子」大先生の作品を、不覚にも忘れていたのでした

久しぶりに、彼女の「底抜けの明るい声」と「タンバリン」の響きに、たくさんの「元気」いただきました

 

元気で 歩こう  タンバリン タンバリン タンバリン(チャン チャン)

 

ダイエットのため、毎日のように田んぼ道を歩いている私にとって、今日の散歩は少しだけ足取りが軽くなる予感がいたします。

 

 

水前寺清子 ありがとうの歌 / さわやかの唄(原曲) 昭和45年

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました