西城秀樹  昭和のスーパーアーティスト 2018年5月16日

四個上の姉がファンだった「西城秀樹」さん

初めて彼の名前を意識したのは、この曲ぐらいからだったような気がします(ちなみに、私は百恵ちゃんが大好きで今でもずっと…って「ちびまる子ちゃん」かって!)

 

青春に賭けよう 昭和48年(1973年)

 

作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:馬飼野康二

 

こちらのお三方は、「西城秀樹」さんのデビュー前半期を大きく支えます

 

 

涙を ふいて 僕と 歩いて 行こうよ

この道は もどれない 青春という 季節

 

レコードジャケットが印象的でした(前輪がやたらでかい自転車をバックに、スカーフを巻いたヒデキさんがきまっていました)(今確認すると、前タイヤは普通で後ろタイヤがかなり小さかったみたいです)

 

「青春」の二文字がまぶしく、今改めて聴いてみると、「森田県知事」の若き日の「青春ソング」までも思い起こされます(作曲は同じ「鈴木邦彦」さんでした)

 

 

恋に 悩みもするだろう 誰かと争う ことも 時にはある だろう

 

幼き私は、恋の悩みなどあるはずもなく、争うことといえば、「缶蹴(け)り」の時どっちが速く戻って来たか…ぐらいでしょうか

 

あの頃、青春に何を賭けていたのだろう・・・

たぶん、な~んにも考えず、な~んにも悩むことは無かった気がします(取るに足らない、しかし私にはかけがえのない「青春」の始まりでした)

 

傷だらけのローラ 昭和49年(1974年)

 

作詞:さいとう大三 作曲・編曲:馬飼野康二

 

「西城秀樹」さんといえば、絶唱作品の数々

『ちぎれた愛』『愛の十字架』に続き「愛」をテーマにした絶叫系の傑作です

 

 

ローラ 君は 何故に  ローラ 心を とじて

中略

命も 心も この愛も 捧げる  オ~ ローラ(ローラ)・・・

 

「ローラ」といえば、”オッケー”で有名なローラちゃん

自由奔放なキャラで大好きなタレントさんです

しかし、昭和人「ローラ」『傷だらけのローラ』であり、「ニーナ」といえば『追憶(沢田研二さん)なのです

 

この曲のイントロは強烈で、特に低音楽器(何かわからない)が地響きのようにとどろき、ウーハー(スピーカー)も悲鳴を上げます(わが家のスピーカーは安物だったのか、音割れも激しかったです)

 

この頃までのレコードジャケットは何故か見覚えがあり、よくステレオで聞いていたような、いないような・・・

 

遠い記憶をたどってみると、姉の部屋へこっそり忍び込み、「ヒデキ」のレコードを勝手に聴いていたヤバイ弟が見えるような、見えないような・・・

 

ギャランドゥ 昭和58年(1983年)

 

作詞・作曲:もんたよしのり 編曲:大谷和夫

 

タイトルの『ギャランドゥ』は、「もんたよしのり」さんによると、女性名をデタラメな英語で名付けたらしいです(「gal un do / ギャルらしからぬ行動的な女性」とスタッフが後付けしたようです) ”伊集院光ラジオ番組を参照”

 

「西城秀樹」さん独立後、第一弾のシングルです

同じ広島生まれの「もんたよしのり」さんは、気合の入った自信作を彼に送ったのでした

 

 

くやしいけれど お前に夢中 ギャランドゥ ギャランドゥ

 

音楽性は、素人の私でもホレボレするほどの芸術性を発揮しています

 

 

男を誘っては クルリと背を向ける

そんな仕草に 憎いほど 燃える ギャランドゥ

 

すべての男を虜(とりこ)にする、魅惑的女性「ギャランドゥ」

『傷だらけのローラ』ちゃんが、その後成長した姿を描いたのかも?なんて、バカなことまで考えてしまいました

 

とにかくこの歌を歌う「西城秀樹」さんは心機一転、髪を切り「カッコよさの集大成」ともいえる領域に入り、男の私を含め、誰もを魅了してやみません

 

彼に夢中になることに、何ら ”くやしさ” などあろうはずがないのです

 

西城秀樹

 

大きく目にかかる前髪とロン毛は、とても絵になり、憧れです

絶叫系の歌が続き、スタッフから「声の伸びが足りないのでは」と心配されるほどに、ハードなステージをこなし続けました

 

新御三家として売り出された三人です

郷ひろみさんは「可愛い美少年」、野口五郎さんは「歌が上手い」、そして西城秀樹さんは「情熱的でセクシーな、男性的魅力」がコンセプトでした

 

そのイメージが先行してしまい、芸能界の古き慣習から、評価されにくい時代でもありました

私なども、歌がうまいのは「野口五郎」さんという固定観念にとらわれ、当時「歌唱賞」を何度も受賞されていたのが不思議でした

 

今こうして「西城秀樹」さんの動画をいろいろ拝見してみると、最優秀歌唱賞は至極当然であり、圧倒的な歌唱力に驚かされます

自分の愚かさを再認識させられるのでした

 

声の疲労や当初から歌唱力を見抜くプロの目はさすがです

「西城秀樹」さんのコンセプトは「歌が物凄くうまく、情熱的でセクシーな、人間的魅力」に変更しなければならないでしょう

 

愛の園(AI NO SONO) 昭和55年(1980年)

 

作詞・作曲: スティーヴィー・ワンダー(追詞:山川啓介) 編曲:坂本龍一

 

子どものコーラスと笑い声から始まるこの曲は、「西城秀樹」さんの優しい人柄が一番にじみ出ている気がします

 

 

希望にあふれ 生きる喜び 幸せに満ちて

愛の楽園 すべての心が 愛をわかちあう

 

ある人は、彼は天使みたいとコメントされていました

樹木希林さんは追悼談話で「秀樹は全く悪意のない、嫌なものをまわりに振りまかない人」とおっしゃっていたようです

 

 

助け合う いのち みんなで わけあう幸せ

ゆたかな実り 争いの ない世界 愛の園

 

結局、「西城秀樹」さんのうわべだけしか見てこれませんでしたが、彼が目指したものはロックであり、この歌に込められているような「人への愛」でもある気がしました。

 

P.S.

 

ブルー(BLUE)

 

blue Monday

 

月曜の晴れた朝、「今日からまた仕事かぁ~」と憂鬱な気分になったことありませんか?

肉体労働に従事していた人たちが、休み明けの月曜日、「雨だったら仕事が休みなのになぁ 雨、降らないかなぁ」

こんな心理から、 blue(ブルー)には「憂鬱(ゆううつ)の意味が加わった」という説があります(ちなみに「ブルース」(blues)もブルーの色でたとえられることに由来している)

 

別に彼の歌を聴いていてブルーになったわけでは決してありません

この歌詞、この主人公の気持ちをふと思い出しただけです

 

「西城秀樹」さんといえばやはり、誰もが絶賛してやまないこの曲を外すわけにはいきません

 

ブルースカイブルー

 

作詞:阿久悠 作曲・編曲:馬飼野康二

 

 

ふり向けば あの時の 目に しみる空の 青さ 思う

 

この曲に解説はいらないでしょう(「阿久悠」様・「馬飼野康二」様、素晴らしい作品をありがとうございます)

 

 

青空よ 遠い 人に 伝えて    さよならと

 

もうすぐ三回忌を迎えようとしています

節目節目だけに思い出すのではなく、定期的に彼のところを訪れたくなりました

《「西城秀樹」様、これからもずっとよろしくお願いいたします》

 

 

青空よ 心を伝えてよ 悲しみは 余りにも 大きい

 

「青空」さんへ

《私たちのこの想い、よろしくお伝えください》

 

 

沢田研二  / 追憶 

コメント

タイトルとURLをコピーしました