文部省唱歌

スポンサーリンク
文部省唱歌

君が代 子供だったあの頃は意味も分からず…

大人になって改めて考える「君が代」の歌詞の意味 『古今和歌集』巻七「賀歌」巻頭に「読人知らず」として「我君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」とある短歌を初出としている やけにこの頃、この曲調が心に響きます。
2022.03.30
文部省唱歌

芹洋子(せりようこ)(四季の歌) 文部省唱歌 / 童謡  

純朴な子供たち合唱団の声は、心が洗われるようです でも今はなぜか「芹洋子」さんの声で優しく包まれながら、四季折々の文部省唱歌を聴いてみたくなりました
タイトルとURLをコピーしました