80年代 演歌

スポンサーリンク
80年代 演歌

三船和子 だんな様 「ひろゆき」さんは登場しません

連れ合い、家族、友人たちは、あなたにとってどれぐらい大事な人ですか? この歌を聴くほどに、大事な人について改めて考えさせられました。
80年代 演歌

川中美幸 遣(や)らずの雨 代表曲で決まりです  

『遣らずの雨』とは 【帰ろうとする人をひきとめるかのように降ってくる雨】(「遣らず」は、行かせないの意) そんな雨にどんな想いが込められ、人は何を感じて見つめていたのか・・・
80年代 演歌

大月みやこ 『女の港』 現在の年齢は存じませんが、いつまでたっても恋女

名だたる作詞・作曲者たちが彼女に作品を提供しましたが、認められることの無かった不遇の20年 その歴史と思いは、「大月みやこ」さんの人柄と彼女への暖かな愛を感じずにはいられません 『女の港』は何人もの方々の悲願ともいえる、待望のヒット曲なのでした
80年代 演歌

牧村三枝子 『冬支度』 「渡哲也」さんへのみちづれ人生を貫きます 

ロングヒットした『みちづれ』と比べると、それほど有名ではありませんが、ギターの音色(編曲:池多孝春)と「題」のセンスに惹かれました この歌を聞き、「牧村三枝子」さんを想うことにより、今では忘れかけていた「純真無垢」という言葉について、考えさせられました
80年代 演歌

ニックニューサ 『サチコ』『お祭りさわぎ』 バンド名の意味は複雑ですが、歌ははちきれます

「サチコ」:リーダー&ボーカル「田中収」さんの作詞作曲 彼は酒場の片隅で、「黒髪のサチコ」さんを待ち続けます 「お祭りさわぎ」:相手の男性に、腹を立てているのではなかったのです 親身に心配してくれることが、彼女には辛かっただけなのです
80年代 演歌

内海美幸 『酔っぱらちゃった』 「涙 あきちゃった」も少し気になります

歌唱力は言うに及びませんが、微妙な巻き舌加減が素晴らしいんです ある意味、この気っ風の良さが、失恋ソングを甘く包み込み、爽やかさをも残してくれます
80年代 演歌

チョー・ヨンピル(趙容弼) 『窓の外の女』 『 流されて』  釜山港に隠れ

『釜山港へ帰れ』(昭和57年)の大ヒットに隠れ、次作・次次作は何とも不憫(ふびん)でなりません そんな、生まれも育ちもいいのに、幸せを掴(つか)み切れない曲に愛を込めて!
2020.02.10
80年代 演歌

木下結子(ゆいこ) 放(ほか)されて この歌「あの人に捨てられて」では伝わりません

隠れた名曲、昭和演歌です 「ほかす」=捨てる 関東の方は馴染みがない言葉でしょう それ以上に、馴染みどころか一切知らないであろう「木下結子・放されて」 弱さを見せながらも、自分を叱り、勇気づけながら生きる そんな「大阪の女」の物語です
2020.02.10
80年代 演歌

青木美保 『夢一輪』  五木ひろしさんが手掛けました 大輪の花よりもせめて一輪

1986年(昭和51年)の隠れた名曲です。忽然(こつぜん)とおススメ動画に現れたのが、「青木美保」さんだったのです 「献身」を競う大会があれば世界レベルの作品、健気な女性を歌い上げます
2019.12.16
80年代 演歌

桂銀淑(ケイ ウンスク)大阪暮色  アルバムが実家にあります すずめの涙ほども後悔はありません 

桂銀淑(ケイウンスク)さんのような、3拍子も4拍子もそろった方は、そうそうおられません 浜先生、よくぞ見つけて下さいました それゆえ、選ばれしスター選手(歌手)に、引退の文字はありません
2021.09.13
80年代 演歌

琴風 『まわり道 』  尾車親方  そのお声にがぶりより

昭和の名大関 苦労人、琴風が 優しく人生を語って下さいます 大変な『まわり道』のあとの栄光、まさに実感がこもらないはずがありません。
2020.02.10
タイトルとURLをコピーしました