チョー・ヨンピル(趙容弼) 『窓の外の女』 『 流されて』  釜山港に隠れ

チョー・ヨンピルさんは、演歌歌手のイメージが強い(特に日本では)ですが、ロックやバラードなど、様々なジャンルを歌いこなします

 

『釜山港へ帰れ』(昭和57年)の大ヒットに隠れ、次作・次次作は何とも不憫(ふびん)でなりません

そんな、生まれも育ちもいいのに、幸せを掴(つか)み切れない曲に愛を込めて!

 

窓の外の女 1984年

 

シングル(日本)2曲目 昭和59年3月

 

日本語詞:三佳令二 作曲:趙容弼 編曲:入江純

 

短い詩の中に、すべての想いを訴えかけます

 

 

アア 愛を 美しいなどと いつ 誰が云ったのですか

 

ピアノの鍵盤を白い指が、力強くも流れるように弾(はじ)いていきます(当然イメージです)

か細い美人のピアニストが、黒いシックなドレスで弾(ひ)いているに違いありません(もう偏見と妄想のかたまりです)

とにかく、彼のどこまでも高音へと登りつめる声と、絶妙にシンクロしていくのです

 

 

いっそ いっそ あなたの手で 眠らせてほしい

 

聞いていただければ分かりますが、「いっそ」の歌い方の気持ちの入れようは、ただの「眠り」ではないのでしょう

 

そして、作曲も手掛けておられたことに、今更ながらに驚かされます(苦労して漢字変換していて、やっと気づいたのです)

ダイナミックなこの曲調と「チョー・ヨンピル」さんの語り歌があれば、長い詩は必要なかったのです

 

流されて

 

シングル(日本)3曲目 昭和59年10月

 

日本語詞:阿久悠 作曲:金起杓 編曲:入江純

 

「チョー・ヨンピル」さんの代表曲です(私一人が思っているだけです)

『窓の外の女』は、完全なる演歌でしたが、こちらは、ロックが入っていると言えば、言い過ぎでしょうか

 

 

腕に 爪の傷あとを 胸に 愛の傷あとを

 

低い声がとても魅力的な、唄いだしです

今は、ユーチューブでオリジナル音源が聞けないので残念ですが、ドラムとベースの音が心に響く、素晴らしいアレンジだったと思います

 

 

流されて 流れ流れ 今はもう 逢えないけど

ただひとつ 胸の奥で 枯れない花がある

 

転調というのか分かりませんが、繰り返しの部分からキーが上がります

(日本でのデビュー当時?)、歌番組で「チョー・ヨンピル」さんは、「地声で2オクターブ出る」と司会者が言っていた気がします

 

この曲を聴いていると、転調?を使ってどんどん高くなる声での「繰り返し」を聴いてみたい欲求にかられます

 

 

流されて 流れ流れ 想いでも見えないけど

ただひとつ まぶた閉じて たずねる人がいる

 

「愛の傷あと」などと言える、激しい恋愛の経験はない私でも、「枯れない花」があります

日々の生活に流されながらも、誰でも心の中で「訪ねたい人」がいるのではないでしょうか。

 

P.S.

 

韓国の歌王

 

ユーチューブを見ていると、「チョー・ヨンピル」さんの動画は、それほど多くありません

そんな中、韓国人による(たぶん)オール韓国語(きっと)の動画が目にとまりました

再生回数、なんと2044万回(1993年)

 

他にも、なん百万回の動画がたくさんありました

韓国の「歌王」たる所以(ゆえん)ですラ王モナ王なんて敵ではありません)

当然日本語のコメントは一切なく、歌詞の意味も、私には全く分かりません

 

そこには、

「主人公が演じるパフォーマンスに、徐々に吸い込まれていきます / まるで外国の映画を字幕なしで見ているような、高揚感に包まれます」

みたいな、薄っぺらいコメントは書かれてはいないでしょう

 

コンサート中心の活動に切り替えられたみたいですが、基本的スタイルは、以前と少しも変わりはありません

私の中でも、変わらず「歌王」なのです

 

人の意見に流され続けている私は、反省しきりです。

 

 

昭和の名曲 大阪暮色 桂銀淑(ケイ ウンスク) 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました