柴田まゆみ『白いページの中に』 歌詞の意味は不明ですが、昭和歌謡史に残るであろうこの名曲です    

作詞:作曲  柴田まゆみ

 

白いページの中に  昭和53年(1978年)

 

 この名曲をなんと高校卒業後まもなく仕上げています。

 

詩の解釈がとても難しく、聞くたびに主人公の心情をいろいろ想像しています。

 

 

ある方が〃いつ聴いても鳥肌が立つ名曲。この感覚を時々味わいたいので、続けて聴き過ぎないようにしています。〃とコメントされていました。

 

とても素敵な表現であり、まさにおっしゃる通りだと思います。

ずっと大切にしていきたい作品であり、一人でも多くの方にぜひとも聞いていただきたいです。

 

 

いつの間にか私は 愛の行方さえも 見失っていたことに 気付きもしないで

 

始まりは、流れるように、なた絡(から)みつくよう歌い方で、いきなり魅了されてしまいます

 

 

振り向けば やすらぎがあって 見守る瞳が あったことを

 

この詩の表現力、言葉の選び方が、最高の旋律にのって、聞く者を圧倒するのです。

 

「恋は盲目」

使い尽くされたことばですが、気づいてくれて本当に良かったです(片思いを常連にしている男には、嬉しい結果です)

 

この曲は当時かなりヒットし、CM(日産スカイライン)にも使われていたみたいです。

多分そのイメージがかすかに残っており、懐かしさをより高めてくれたのかもしれません。

 

白いページに入れたものは一体何なのか?・・・

 

 

好きだった海のささやきが 今は心にしみる

よみがえる午後のやすらぎも 白いページの中に

 

皆さんも眠れぬ夜にじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

柴田まゆみ / 白いページの中に and more tracks [CD]
価格:2132円(税込、送料別) (2019/10/20時点)


 

{蛇足}

 

当時CMソングは素晴らしい曲が多く、CMから火が付き大ヒットすることも多かったような気がします。

 

中でも「日産スカイライン(ケンメリGT-R)」の

ケンとメリー ~愛と風のように~ 歌:BUZZ  はいつか取り上げたいぐらい、

とてもすきです。

 

クレヨンしんちゃんも勧めている(?)かは定かではありませんが、 

挿入歌で使われた映画「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」はシリーズ最高作かな...と。

ちなみに『トヨタ200GT』ファンならこの映画と「結婚できない男」は必見です。

 

 了  

 

昭和の名 水越けいこ Too far away(トゥーファーラウェイ) 

昭和の名曲 花ぬすびと 明日香

中山千夏 『あなたの心に』 じゃりン子チエちゃんとの共通点が見つかりません

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    解釈は難しくない
    想像力をはたらかせ、詩を味わえばよいのです
    抽象的だからこそ価値がある

    美しい歌詞が、素晴らしい
    楽曲にのり、完璧な編曲で
    酔いしらされて
    しまいます

    数多くの名曲を送り出した
    ユーミンに向けられるべき
    称賛を、この一発で
    柴田まゆみが、さらって
    いきそうな、そんな破壊力を
    感じます

    • tsuyosi より:

      匿名さまの的確なご指導に感謝します。
      無駄のない素晴らしいあなた様の文章が羨ましくもあり、また共感致しました。

タイトルとURLをコピーしました