花ぬすびと 明日香 /(ASQUA) 狂言「花盗人」のように哀しくも優雅なのです 

作詞:すずきゆみ子(紫苑) 作曲:菅美奈子(明日香) 編曲:青木望

 

『花ぬすびと』 若き二人の傑作でした 昭和57年

 

ヤマハポピュラーコンテストで、優秀曲に選ばれてのデビュー曲です(30万枚のヒット)(世界歌謡祭グランプリ)

当時ヒットしたことも、お顔も存じ上げません(素敵な方でした)

しかし、切ない旋律と題名に、かすかな記憶があったのです

 

作詞:すずきゆみ子(紫苑)

 

 

あなたは私の ひざの上 白河夜船の波枕

 

内容はかなり難しく、私の手には負えそうにありません(私なりに頑張って勉強させてもらいます)

 

 

【白河夜船】(しらかわよふね)

1 熟睡して、何も知らないこと

2 知ったかぶり

《京都をみてきたふりをする者が、京の白河のことを聞かれて、川の名だと思い、夜、船で通ったから知らないと答えたという話による》    ≪goo辞書より≫

 

明日香さんの中学の同級生「すずきゆみ子」さんの作詞です

中学時代に作られたのかどうかは定かでないが、十代の時の作品には間違いないでしょう

この少女は、何でも知っています(これは、まだ序の口です)

 

 

二度咲き 夢咲き 狂い咲き 人の心も また同じこと

 

一部分のみの表記なので、分かりづらいでしょうが、直近の歌詞との対比になっています

 

人の心に 咲く花は 育ちやすく 枯れやすく・・・

 

人の心の機微(きび)、儚(はかな)さを見事に表現されたこの作品

言葉の引き出しの多さと、作者の年齢とが、どうしても一致いないのです

この少女は、「中島みゆき」を超えていくような、可能性しか感じなくなってきました

 

 

野分きが渡る 秋の日に 夏の花を追いかける

 

また出ました!「野分き」(のわき)

当然聞いたこともありません(野焼きなら、聞いたことぐらいは…)

 

 

秋から冬にかけて吹く暴風・台風(野分と表示する場合も) ≪goo辞書より≫

 

2番の歌詞、”秋の日に夏の花を追いかける” は1番の ”春の日に秋の花が欲しくなる”と対になっています

この少女は、もう少女ではありませんでした

 

ノーベル文学賞を目指しています(たぶん、違います)(同じ日本人としての願望です)(どうかお願い致します)

 

作曲:菅美奈子(明日香)

 

あくまでも、淡々とピアノベースで曲は流れていきます

「詩がないと曲が作れない」と彼女は言っていました

 

悲しい詩の世界を忠実に曲に置き換えます

サビの部分では、抑えきれない気持ちを吐き出したのち、また徐々に静まり返っていくのでした

 

リフレイン(繰り返し)

最後に、万感の想いを込めて、繰り返されます

 

天才アーティスト 明日香

 

ライブ映像にて

 

天才と簡単に表現してしまいましたが、デビュー前にして、この曲をほぼ完成させています

何度も何度も練習されたことは、想像に難(かた)くありません

 

安定した音程はぶれることなく、オリジナル録音との違いは、アレンジだけのように思えます

特に、「狂い咲き」のところの高音ファルセットは芸術的で、何度聴いてもうっとりするのです

ピアノの腕前も、相当のものと、素人ながら推察いたします(データがないのでわかりませんが、小さい頃からの練習は、ハンパないはずです)(ピアニストを目指していたかもしれません)(いや、世界的ピアニストの領域でしょう)(すべて、あくまで個人の感想です)

 

ごめんね ごめんね ごめんなさい

 

先ほども、少しふれましたが、最後にこう繰り返すのです

切なくも、4回ささやき続けます

 

「お願いだから、もうやめてください 」

「あなたが謝る必要なんて・・・」

心の中で叫ばずにはいられませんでした

 

遅すぎた出会い

 

この作品を知るのが遅すぎたかもしれません

彼女は、もうこの世にはいないのです

 

しかし、この「花ぬすびと」は永遠に残り続けます

少しでもでも多くの方に知ってほしいと、願わずにはいられません

この作品と「アーティスト・明日香」さんの心震わせる軌跡(きせき)の数々を・・・

伝説

 

始まりの歌詞です

 

花ぬすびとの伝説が 別れ話のはじまりでした

私が話す伝説を 貴方は笑って聞き流す

 

理解力の低い私には、結局この「伝説」が何なのか、最後まで分かりませんでした

ただはっきりといえることがあります

「花ぬすびと」こそが伝説となるべき、偉大な作品だということです

笑って聞き流すなんて、絶対にできないのです

 

伝説の意味を、誰か知っている人は教えてください

気になって眠れません(正確には、いつもよりちょっとだけですが…)

 

P.S.

 

明日香さんの名前の由来がわかりません

 

明日香村

 

彼女は愛知県犬山市出身なので、明日香村とは縁がなさそうです

流れ的に少し調べてみました

 

奈良県・高市郡・明日香村

 

高松塚古墳もここにありました(そうなんだ)

飛鳥時代の象徴、中央集権律令国家の誕生の地でした(ほぼ何も知りません)

阪合村・高市村・飛鳥村の3村が合併して、明日香村となったみたいです

飛鳥と明日香の二つの表記のなぞが、やっと解けました

 

実は、明日香は当て字でオシャレでもあり「こっちにしてみよう」的な軽いノリでつけられたのではと、なんとなく思っていたのです

飛鳥時代といえば、推古天皇(歴代最初の女帝)とその甥・厩戸(うまやどの)皇子(のちの聖徳太子)

 

古代の覇者(はしゃ)です

昭和の一時代を築いた覇者たちを、覇者にならずとも、時代の1ページに残されるべき人々を、忘れてはならない方を、これからも紹介できればと考えています。

 

 

森田童子 ぼくたちの失敗 昭和51年(1976年)

昭和の名曲 水越けいこ Too far away(トゥーファーラウェイ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました