牧村三枝子 『冬支度』 「渡哲也」さんへのみちづれ人生を貫きます 

春の訪れが、日を追うごとに待ち遠しくなって来ました

『冬支度』?この時期に?

不思議に思った方は、以下の文をご参照頂ければ、幸いです

 

冬支度(ふゆじたく) 昭和59年(1984年)

 

作詞:水木かおる 作曲:遠藤実 編曲:池多孝春

 

ロングヒットした『みちづれ』と比べると、それほど有名ではありませんが、ギターの音色(編曲:池多孝春)「題」のセンスに惹かれました

 

作詞:水木かおる

 

 

あゝ肩を抱く 腕のちからで 冷えていく 心がわかる

 

女性の鋭さ、観察力にはいつも感心させられます(たまたま妻と娘が特別鋭い女性だったのか、私が注意力のかけらもない、アホな男性なのか、真相はわかりませんが)

いずれにせよ、この男性、完全に気づかれています

 

 

あゝ悲しみに なれていくよに 捨てるなら 時間をかけて

 

女性のほうが、覚悟が出来ているのかもしれません

決して表立って引き止めたりはいたしません

でも、簡単に割り切れない想いは残ります

それなりの時間が欲しいのです

 

 

あゝ汽車の窓 よせた笑顔も 沈む陽に 半分かげる

 

これが最後の旅行です

思い出作りという名の儚(はかな)い旅で、気持ちを断ち切ります

精一杯の笑顔も、いつともなしに伏し目がちです(牧村さんの大きな瞳が、そして悲しげにうつむく様子が目に浮かびます)

 

 

逃げないわ 逃げないわ 陽(ひ)ざしは春でも これから私

季節はずれの こころは 冬支度

 

「冬支度」

それは、とても哀しい準備だったのです

季節は、やわらかい陽が差し込む春です(春なのに、お別れですか~・・・の「柏原芳恵」さんの世界です)

けれども彼女の心は、厳しい冬に向け、閉ざさるを得ない辛い支度をするのでした

 

牧村三枝子

 

テレビドラマ「大都会-闘いの日々-」にレギュラー出演し、劇中、店内で「赤提灯の女」を歌います(大都会シリーズ第一作・昭和51年)

この時知り合った運命の人?「渡哲也」さん、そして『みちづれ』です

 

(どうしても彼女は、この歌が歌いたくて「カバーシングル」として発売)(昭和53年)

この作品も同じく、作詞:水木かおる 作曲:遠藤実

 

このときから、隠れた名曲「冬支度」へとバトンが引き継がれていったのでした。

 

P.S.

 

「純真無垢」(じゅんしんむく)

 

純真演歌「遠藤実」

 

「遠藤実」先生の作品を聴く機会は、あまり多くはありません

派生演歌が増えていく中、これぞ純真演歌です(勝手に名付けました)

ずっとぶれることなく、演歌の王道を聞かせてくれます

 

純粋なる歌い手「牧村三枝子」

 

正直、他を圧するほどの歌唱力はありません(そこがまたいいんですが)

『みちづれ』の頃より、きれぎれの声、あの仕草に心惹かれ続けます

 

いまだ独身を貫いている彼女はインタビューで

 

「私が結婚したい男性は、『みちづれ』をくださった「渡哲也」さんか、亡くなられた「石原裕次郎」さんの二人だけ。私が21才の頃、そのお二人に出逢ってからは、他の男性に一切目がいかなくなった」とコメントしています  ”ウィキペディア”

 

一途です

 

 

きめた きめた おまえとみちづれに           ”『みちづれ』より”

 

(出会った時から、「きめた」みたいです)

 

あくまで人として、とても純粋な方なのです

 

『冬支度』の中の「純」と「粋」

 

「終わりかけた愛」を察した彼女は、現実から逃げる(1番)ことはせず、相手を追いかけ(2番)ることもしません

明日からのための「冬支度」です、そこに涙はありません

そこにあるのは「純」「粋(いき)

純粋で、矜持(きょうじ)ある生き様を見せてくれたのでした

 

ナイフのような四文字熟語

 

この歌を聞き、「牧村三枝子」さんを想うことにより、今では忘れかけていた「純真無垢」という言葉について、考えさせられました(無垢については、年齢的に厳しいかなとは思いますが…)

あなたは「純真無垢」「純情可憐」(じゅんじょうかれん)「天真爛漫」(てんしんらんまん) に生きていますか?

 

汚れきった私には、一つ一つの漢字が、心にグサグサと突き刺さってきました。

 

 

遣(や)らずの雨 川中美幸 昭和58年(1983年)

昭和の名曲 由紀さおり  挽歌

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました