寺尾聰(あきら )『ルビーの指環』  ベージュのコートがオシャレにさすらいます  

四拍子そろっています!

ルビーの指環 昭和56年 

曲よし・詩よし・歌唱力よし。そしてビジュアル文句なし。

 

まぁ「男って引きずる」よねっていうお話です。

 

作詞:松本隆 作曲:寺尾聰 編曲:井上鑑

 

昭和生まれの方はだれでもご存じでしょうが、若い人たちにも一度は触れていただきたい作品です。

決して損はさせません。(たぶん)

 

ワンピースの主人公?…(いや、それはルフィーか)ではなく、モンストのルビー(少しレアーか)でもなく、赤く輝くあの「ルビー」です

 

宝石の王様はダイヤモンドであるならば、「ルビー」は宝石の女王といえるでしょう。

ベージュのコートに深紅(しんく)のルビーの指輪が似合う貴女(あなた)が忘れられない。

そんないとしい男の歌です。

 

アレンジが素晴しい

 

イントロも間奏も何回聴いても楽しくてしょうがありません。

高齢になるにつれ、だんだん高音部が聞きづらくなると言われています。

でも神様お願いします。

 

この曲の2番以降から登場する鉄琴らしき音を永遠に聴いていたいのです。(ちょっとマニアックでヘンなやつです)

しかし、この少し軽やかなテンポのおかげで、哀しく・しんみりとした詩の内容をいい感じで救ってくれているのです。

 

サングラス姿が渋すぎる

 

「カッコイイ男」世界大会があれが、当時のサングラスをかけて歌っているあの姿は、男から見てもホレボレします。

もう日本代表間違いなし!

 

『トップガン』のトムクルーズをもしのぎ、3位以内を確信しています。(優勝と言いたいが、世界の俳優をほとんど知らないもので…)

 

(伝説の歌番組「ザ・ベストテン」12週連続1位)

 

結構すごい記録です。

とにかく、見た目も歌も演奏もすべてが最高。

 

そりぁ 売れますよね。

でも、売れたから聴いてほしいわけでも、見た目がカッコイイから見てほしいわけではありません。

 

 

枯葉ひとつの 重さもない命 貴女(あなた)を 失ってから

 

だって主人公は未練たらたらで、嘆き哀しでいるのです。

でもそこに私は惹(ひ)かれます。

人(男)は引きずるものです。簡単に割り切れなくてもいいじゃありませんか。

 

人を愛するとは

 

最後の歌詞を引用させていただきます。

 

そして二年の月日が 流れ去り  街でベージュのコートを 見かけると

指にルビーのリングを 探すのさ  あなたを失ってから・・・

 

健気(けなげ)ではありませんか。 男って…

人を愛するとは

 

別れた貴女(あなた)をずっと想い続ける

かっこ悪いけれど、少しうらやましくもあります。

 

あなたも是非この曲を聴いて、振った男たちをたまには思い出してみてください。

今でもあなたの『ルビーの指環』を探し続けているのかもしれません・・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CD/寺尾聰/Reflections (SHM-CD)
価格:2200円(税込、送料無料) (2019/10/17時点)


 

P.S.

 

「指輪」ではなく「指環」としたところに、松本隆さんの凄さを感じます。

 

どうでもいいことですが・・・

 

追伸(ついしん)=P.S. または PS の表記が一般的

「あとがき・補足したい内容を書き足す」ぐらいの意味でしょうか。

post(後で)+ cript(書く) らしいです。

 

今後も「どうでもいいこと」を何か一つ書いていきたいので

ご迷惑かもしれませんが、よろしくお願いいたします。

 

了  

 

昭和の名曲 街が泣いてた 伊丹哲也&Side By Side

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました