古井戸 『何とかなれ』 アニメ「アカギ」主題歌

今、我が家では麻雀ブームが押し寄せています

二人の息子とのサンマー(三人打ち麻雀)で、役満も普通に飛び出し、盛り上がります(何故か1番下手な次男ばかりよく上がります)

最初は、初心者相手でちょろいもんでしたが、分析力に勝る長男に苦戦するようになり、一発大役上がりの次男に唖然としつつ、最近はマイナス続きとなっています

そんな、いまだアガリ役もよく覚えられず、チョンボも多い次男が、麻雀アニメ「アカギ」を紹介してくれました

 

イントロが流れること20秒

久しぶりに震えました

 

歌手の名前もこの歌も一切聞いたことがありません

そこには、あの憧れの「昭和」が何の前触れもなくガツンと私の中に飛び込んできたのです

 

もう、こんな歌には二度と出会えないと諦めていたのだけれど・・・

 

何とかなれ 1972年

作詞:作曲 仲井戸麗市

 

ギターのイントロはあくまでも昭和的で、かなりの超スローペース

アレンジにおいても私の大好きな曲、バズ(BUZZ) 『ケンとメリー~愛と風のように~』を彷彿とさせるように、静かにそして確実に心が捉えられていくのです

 

歌いだし直前の昭和ドラムの響き

タツ・タ・タ・タン タツ・タ・タ・タ・タ・タ・タ・タン(シャーン)

この乾いたドラム音

文字に起こすとなんとも情けないけれど、この時点で悶絶しました

生きていて本当によかったと改めて感じた瞬間です

 

やせ~~~が~~~まん ば~かりで~

もう~半年 過~~ぎたが~~~

中略

頭の~~~中~で今~ 夢が~くずれ~ だした~~~~~~~

(ここだけ二人で)何とかな~れ~~~~~ れ~~~

念のためお断りしておきますが、「~」は歌詞にはなく、勝手に付け加えています

 

「古井戸」は二人のフォークデュオのようです

メインボーカルの方の声質そしてこの「~」部分、とにかく好きです

ちなみに、”れ~~~”を付け加えたのは、メインの方だけより長く伸ばしています

 

ライブ音源の聞いていても、いつも自由でとても楽しそうです

文字通り「音楽」していて、歌詞の内容と相反しますが、自然と気持ちがほんわかしてくるのです

 

ギターが2本、ひかえめなベース、古き良きドラムの音、そして力強い人の声

一級の芸術品に、多くの修飾はいりません

 

『何とかなれ』は、イントロを含め、すべてが「サビ」で作り込まれたかのような作品なのでした

 

さなえちゃん

作詞:作曲 仲井戸麗市

 

私も少し耳にしたことのあるこの唄

ほんの軽い気持ちで作ったフォークソングだったようです

 

大学ノートの裏表紙に さなえちゃんを 描いたの

確かに歌い方はどこまでも軽やかに、どこまでも昭和の味わいを感じさせてくれるのでした

ただただ懐かしく、こちらもまた名曲なのです

 

古井戸

 

古井戸(ふるいど)は、加奈崎芳太郎と仲井戸麗市のフォークデュオ(デビュー前はバンド。)加奈崎の圧倒的な声量と歌唱力、仲井戸(チャボ)の叙情的な世界、ブルージーなギターワークが魅力だった。シングル「さなえちゃん」がヒットした。(ウィキペディアより)

 

…なるほど?

ブルージー?な音楽ね

『ブルージーンズメモリー』(マッチ)の”ABAYO ブルージーン お前の…” のフレーズが脳内再生されましたが、どうもピンときません

 

ブルージー【bluesy】:ブルース音楽を思わせる、ブルース風の、の意。通常、「憂いを帯びた」というニュアンスで使われることが多い。(Weblio国語辞典)

 

「古井戸」の世界は、憂いを帯びたという言葉では収まらない気がします

「帯びる」というよりも、世の中の愁いを全身全霊で引き受けながら、私たちに力強く訴えかけてくるのでした

 

ありがとう『何とかなれ』、ありがとう「ブルージー」、ありがとう「マッチ」

 

バズ(BUZZ) ケンとメリー~愛と風のように~「日産スカイライン」 

昭和の名曲 70年代
スポンサーリンク
昭和の名曲 一曲入魂ブログ  70年代~80年代の懐メロ 200選(収まりきれないかも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました