北原ミレイ 『石狩挽歌(いしかりばんか)』 ”ざんげの値打ちもないけれど、私は話してみたかった” 

石狩挽歌 昭和50年

作詞:なかにし礼 作曲:浜圭介 編曲:馬飼野俊一

 

トランペットのイントロは、強烈です(80年代の代表が「珍島物語」なら70年代の王者と言えるでしょう)

堅実とでもいえるドラムの音は、まるで和太鼓のように心に響きます

 

なかにし礼の挽歌

 

雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ 夜通し 飯を炊く

 

このフレーズを歌う時の「北原ミレイ」さんが、カッコいいやら、投げやりっぽいやらで、好きすぎます

 

ニシン漁は衰退の一途(いっと)をたどります

歌詩の中では、休む間もない厳しい生活の記憶と、そして時代の移り変わりへの哀愁とが交互に訪れます

 

 

あれからニシンは どこへ行ったやら オタモイ岬の ニシン御殿も

 

「挽歌」という言葉は、いつ頃から使われ始めたのでしょうか

挽歌=エレジー(悲しみを歌った詩・歌)というストレートな意味もあるでしょうが、この女性は、さびれた小樽の港町を嘆いているだけではない気がします

 

挽歌=人の死を悲しみ悼(いた)む歌(こんな意味もあります)

彼女の人生を「挽歌」になぞらえ、失われた青春悼んでいるのかもしれません

 

オンボロロ

 

漁に使っていた網は、浜辺に投げ捨てられ、富の象徴であったニシン御殿も朽ち果てる寸前です

 

オンボロロ オンボロボロロ-

 

ボロボロな状態になったのは、ニシン漁だけではありません

若い頃から、厳しい環境(厳寒の北国・忙しいだけの毎日)で、身も心も捧げてきました

彼女の心もボロボロに傷ついていたのかもしれません

 

最後に「なかにし礼」さんは、こんな歌詞で締めています

 

わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る

 

P.S.

 

記念碑

 

小樽 貴賓館(旧青山別邸・国登録有形文化財)内の庭園に「なかにし礼」直筆の歌詞と「浜圭介」「北原ミレイ」の名前が、記念碑に刻まれています      ”ウキペディアより”

 

巨万の富を得、贅(ぜい)を尽くして建てられた「ニシン御殿」です(6年半の歳月をかけ、総工費30億円・現在換算)

寝る間も惜しんで働いていた漁師の方々は、どんな思いで眺めていたのでしょう

 

昭和を訪ねて

 

昭和の曲をいろいろ聴いていると、当時の暮らしを懐かしんだり、羨ましくもあったりします

そんな憧(あこが)れの風景も、貧しさと背中合わせなのかもしれません

現在の暮らしになれ、不満ばかりの私は、ふと思います

 

少し世知辛い時代になってきましたが、いいところも沢山ある「令和」なのです

「石狩挽歌」の「栄華と挽歌」にふれ、「今の生活」がとても恵まれていることを再認識します

あたり前の生活が、決して当たり前でなかったことを、改めて教えてくれました。

 

P.S.2

 

文字量が物足りないので、どうでもいい雑学を一つ

 

赤ニシン

 

英語の「レッド・へリング」の直訳で「赤ニシン」(そんな魚はいません)

暇を持て余していた学生の頃、赤川次郎さん?か阿刀田高?さんの小説で知りました(40年ぐらい前なので、違うかもしれません)

 

「ミステリー作品などで、無実の人物に疑いがかかるように、小ネタをちりばめミスリードしていく手法のことを「赤ニシン」と表現する」みたいな解説だったと思います(話半分でお願いします)

「赤ニシン」で検索してみると、「燻製(くんせい)ニシンの虚偽」というのが、慣用的な表現みたいです(こちらはウキペディア先生なので大丈夫でしょう)(使い方も大体あっていました)

「魚の生臭さを、濃い塩水を使い身が赤くなり、燻製にすることで形や匂いを誤魔化す」みたいな、そんな話から生まれたのかもしれません(これまた、後半は怪しい情報です)

 

いいことも沢山ある令和だと先ほどは言いました

しかし、悪い人も沢山いますので、詐欺等には十分気を付けてください

あなたの行先には、いたるところに「赤ニシン」が待ち構えているかもしれません。

 

 

弘田三枝子『人形の家』 昭和44年(1969年)

山崎ハコ 『織江の唄』 呪いを込めて藁人形に釘を刺すような女性ではありませんでした

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました