小坂恭子 『想い出まくら』 この歌にゆらゆらと酔ってしまいました 

「ヤマハポピュラーソングコンテスト」(ポプコン)で世に出た「小坂明子」さん

とは別の方です

 

『あなた』が大ヒットしていた翌年、同じポプコン出身の「小坂恭子」さんがデビューしました(グランプリ曲・恋のささやき)(この翌年は「八神純子」さんと続きます)(ポプコン恐るべし)

 

想い出まくら 昭和50年(1975年)

 

誰が云ったのか分かりませんが、「イントロにサビを使った曲はどれも素晴らしい」と

 

この『想い出まくら』も「加藤登紀子」さんの『この空を飛べたら』も編曲者「福井峻」さんのイントロは、秀逸(しゅういつ)です

まさに最高の食前酒として振る舞われています

 

作詞・作曲:小坂恭子 編曲:福井峻

 

 

こんな日は あの人の 真似をして

けむたそうな 顔をして 煙草をすうわ

 

なぜだか「桃井かおり」さんが、髪をかき上げながら、けだるそうにタバコを吸っている姿を思い出しました(眼を細め、片膝立てながら…)

 

 

そういえば いたずらに 煙草をすうと

やめろよと 取り上げて くれたっけ

 

この頃のタバコは、歌の世界でも人気のツールであり、ファッション的にも必須アイテムでした(いつもはマイルドセブン(180円)を吸っていても、ここ一番は誰もがラーク(280円)を奮発したものです)

 

なぜか、優しかった頃の想い出しか浮かばないのが、素敵でもあり哀しくもあります

 

 

ねぇ あなた ここに来て 楽しかった事なんか 話してよ 話してよ

 

改めて聴き直していると、気づいたことがありました

①:切れ切れの言葉のおわりの伸ばし方、特に「話して~よ~~」のビブラートがとても綺麗で心地よいのです

 

②:バラード風に切々と訴える歌詞に対して、思っていた以上にテンポよくリズムを刻んでいたこと(ギターのリズムが新鮮なのです)

 

③:「こんな日」がたくさん使われていますが、いったいどんな日?(具体的に何も示されていません)

彼女にとって「こんな日」とは、昨日も・今日も・明日も、ずっと「こんな日」なのかもしれません

そして、聴いているこちらに「あなた方にも《こんな日》ってなかったですか?」って問われているのかもしれません(悲しいことに、限りなく浅い人生を歩んできた私には、そんな日はありませんでしたけれど…)

 

 

ゆらゆらと 酔ったら うでに抱かれて

髪なんか なでられて 眠りたい

 

ひとりぼっちでお酒を飲みながら、片時も忘れられない相手への気持ちを、素直にうちあけています

このあたりまでくると(2番のサビ前)、「もう十分わかったので、お願いです、ゆっくりと休んでください」

そう願うばかりです

 

そして、この後もリフレインのように続く ”ねぇあなたここに来て” と甘く哀しく囁(ささや)く歌詞が耳から離れないのでした

 

 

こんな日は あの人の 想い出まくら

眠りましょ 眠りましょ 今夜も一人

(最後のくり返しは ”眠るのが 眠るのが いいでしょう” )

 

「想い出まくら」という言葉が最後に出てきました

 

忘れたいけど、忘れたくない

 

彼女は、自分に何度も何度も「眠ること」を言いきかせるのです

「眠ること」それこそが「忘れる」ことへの近道でもあるかのように

分かってはいるのだけれど・・・

 

好きな人を忘れるためには、その人に関係しているあらゆる物を捨ててしまうのも、一つの方法なのかもしれません

 

しかし、一つ一つを思い出し、これほどまでに想い出に浸(ひた)り続ける彼女が、いとおしくて仕方ありません

たとえ、歌の世界だけの幻想だったとしても、昭和のおじさんには、貴重なひと時であり、とても「大切な想い」だと信じたいのでした。

 

P.S.

 

いつ頃の映像でしょうか?

ユーチューブ動画に「小坂恭子」さんの弾き語りバージョンがアップされていました

お姿から、少し年月が経ったかな?って感じはしましたが、ピアノ演奏・歌唱力とも完璧です

彼女は、知らない間に進化し続けておられていたのです

 

進化論

 

進化論というとチャールズ・ダーウィン(1809~1882)が有名です

現在「進化」のことを英語で「エボリューション(evolution)」です(三菱ランエボのエボです)(ランサーエボリューションⅢが特に好きでした / キャッチコピーは、”進化は止まらない”)

 

今でも、一般的には、進化=進歩とみなされています

しかしそう考えない人もいました

ダーウィンは「世代を超えて伝わる変化」という考え方しかしておらず、この言葉には進歩という意味はありません(「更科 功」著書を参考)

 

ダーウィンが言うように、進化=進歩ではないとすると、「生物の中でヒトが最上位」という考え方も、ただのおごりなのかもしれません

 

話は戻って「小坂恭子」さんの弾き語りバージョン

これまでに聴いた『想い出まくら』の中で「最上位」だと考えたのは、決しておごりなんかではない気がします

 

そしてそこには、この演奏に ”ゆらゆらと酔った” 私がいました(進化も変化も出来ず、少しづつ劣化しています)

当然、誰も ”髪なんか” 撫でてくれませんし、撫でてもらえるほどの髪もありません

 

 

花ぬすびと 明日香 /(ASQUA)  昭和57年

コメント

タイトルとURLをコピーしました