「倉田まり子」「桑江知子」「竹内まりや」 昭和55年新人賞は逸材ぞろい「HOW!ワンダフル」!

70年代最後に駆け込んだわけではないでしょうが、この年の新人賞争いはし烈を極めました

倉田まり子

アイドル路線の王道

「HOW!ワンダフル」 作詞:山上路夫 作曲:都倉俊一

当時の人気番組「家族そろって歌合戦」がきっかけで数年後に、堂々のデビュー

数々の新人賞を受賞します(レコード大賞以外は、ほとんど最優秀賞)

元気が出る明るい曲ですが、前半は結構渋く、作りこまれたようなこだわりを感じます

ホワイト&ブルーのイメージカラーが印象的でした(と、どなたか言われていました)

卒業(グラジュエイション)

作詞・作曲 同上 デビュー曲です

卒業ソングと言えば、斉藤由貴・菊池桃子・柏原芳恵さんなど、有名ですが、唯一(ゆいいつ)の70年代(昭和54年)

「グラジュエイション」推さざるを得ません

しかも、

昭和54年1月

あの「江川卓」が空白の一日により巨人へ

そのあおりで、漢(おとこ)「小林繁」は阪神へ

栄光の巨人からの涙の「卒業」だったのですから

 

はい・・・?

理由はまったく意味不明ですが、2曲とも間違いなく名曲であることは確かです。

昭和の名曲 河合奈保子 ハーフムーン・セレナーデ 

桑江知子 昭和54年

私のハートはストップモーション

作詞:竜真知子 作曲:都倉俊一

見事、「日本レコード大賞」最優秀新人賞に輝きました

CMに使われた関係か、曲のイメージが先行しました

改めて聴いてみると、詩も凄くいいんです

都倉さん、やはり流石(さすが)です

 

当時は、彼女の良さや素晴らしさがまだ理解できず、ただのはやり歌ぐらいにしか思っていませんでした

大変、誤解していたみたいです(愚かな中学生です)

数年後の彼女を見たとき、その歌唱力と洗練された姿に驚かされました(チョットだけ私も成長しました)

最優秀新人賞は伊達ではなかった

萩田光雄さん編曲も素敵です

イントロの幕開けからサビにかけて、どんどん盛り上がっていくアレンジが、何かを予感させます

そして、ストレートな気持ちが、遺憾なく発揮されるサウンドに仕上がっていくのです

ノックもなしに 飛び込んできた恋

私 あなたを はなさないわ

こんなセリフ、一生言われることはないでしょう(今までも、そしてこれからも)

昭和54年3月

日産自動車「ガゼール」の発売開始です

西部警察・小暮課長(石原裕次郎)愛用のオープンカーで有名です

 

スカイラインジャパン(2000ターボGTーE)やフェアレディZ280(S130型)など…

「技術の日産」が輝いていた、古き良き時代でした

ガルウイングを開け、ショットガンを放つ大門団長

あなたも、ノックもなしに、少年の心に飛び込んできたのです”。

昭和の名曲 百万本のバラ 久保田早紀 / 久米小百合 

竹内まりや 昭和53年

SEPTEMBER(セプテンバー)

作詞:松本隆 作曲:林哲司

「9月になると必ず聞きたくなる」とのコメントを多く見かけます(太田裕美の9月の雨も人気です)

いけないことと分かっていても、彼を追いかけずにはいられません

彼が心を向けているのは、私より年上の相手

ほどきかけてる 愛の結び目

涙が木の葉になる

秋とともに変わってしまった彼

それが「SEPTEMBER」 さよならの国・・・

九月でなくとも、春でも夏でも、嬉しいときでさえも聴いていたい曲なのです

 

物語の最後に、借りていた辞書を彼に返します

ある言葉を切りぬいてから・・・

昭和54年4月

三洋電機 ポータブルラジカセ「あしゃれなテレコ」発売

もう、テレビの前に置いて、じっと息をころしていなくていいんです(たいがい家族の声がまじり、ガックシ)

数か月後、シャープからダブルラジカセが登場し、一世を風靡します(我が家に「ダブルラジカセ」がお目見えしたのは、それから数年後でしたけれど)

TDKのハイポジテープを頑張って愛用していました(MA60 シルバー&黒ストライプ)

最高峰SA-X(ハイポジ・メタル)金のストライプは、世の憧(あこが)れでした(とにかくバカ高い)

そして時代は激しく流れゆき、

「SANYO]はパナソニックの子会社となり、「シャープ」は鴻海精密(台湾)傘下に入ります

盛者必衰(じょうしゃひっすい)の理(ことわり)をあらわす

日本企業の衰退は目に余るものがありますが、

「シンガーソングライター専業主婦」竹内まりや様は、おごったりなど、決して致しません

ですから、40年たった今でも、第一線で素晴らしいパフォーマンスを披露され、活躍し続けておられます

身をもって、「理」をあらわされているのです。

昭和の名曲 待ちぼうけ 堀ちえみ 

井上望

誰?

皆さんの、正直な感想でしょう

ほとんどの方は、忘れておられるかもしれません(そもそも記憶されていないかも)

私も、昭和54年新人賞にノミネートされているのを、初めて知りました

でも、心に残っているアイドルなのです

 

小2からずっと好きで、何年たとうと何かの折に思い出す「初恋の人」のように(誰のことやねん!)

 

そんな彼女を、どうしても紹介したく動画をみていると、そうそうたる人たちが登場してきたのです

われらが「望ちゃん」の両脇に「竹内まりや」「杏里」のビッグネーム!の登場です(まさか同期とは)

急きょの、予定変更です

尺の関係(勝手な都合)で、「杏里」さんの『オリビアを聴きながら』は後日、単独記事にて紹介したいと思います

ルフラン 昭和54年

作詞:山上路夫 作曲:馬飼野康二

ルフラン(フランス語)=リフレイン(ざっくりと言えば、同じ言葉を繰り返すの意)

40年来の謎が解けました(花か人の名前かと思っていた)

「ルフラン」という名前を何度も言っているのではなく、「忘れられない人」を思い出しては、繰り返し心の中で叫んでいる

その様子なのですね

年末のステージでは、名だたるアーティストに囲まれながら、どこか淋しげな表情で歌い切ります(そんな雰囲気に惹かれたのかも)

別れた今も あなたの名前 心の中でくり返す ルフラン

 

別れてもなく、そもそも付き合ってもいない「あの人」(だから誰なん?)

 

「○○ちゃん、こんな私にも、優しくしてくれてありがとう」

「40年たっても、貴女はあの頃と同じまま、可憐(かれん)なままの○○ちゃんです」

「いつまでも、お幸せに」

 

私は、「ルフラン」のごとく、心の中でくり返します

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました