荒木一郎の世界 夜明けのマイウェイ 

自他共に認める(実は自分だけが認めているだけで、家族は私のことなど興味もなくは、何も認めてくれていませんが…) まぁ、とにかく古くからの「岸本加世子」ファンである私は、ドラマ「ちょっとマイウェイ」を毎回楽しみに見ていたのは当然といえば当然です

 

『パル』が歌う主題歌『夜明けのマイウェイ』も超お気に入りで、当時から裕福ではなかったのですがレコードは迷わず買っていました

そんな思い出多きこの曲に、このようなバージョンがあろうとは・・・

夜明けのマイウェイ 昭和54年(1979年)

 

個性ある多くの俳優人たちで最高の盛り上がりをみせた「ちょっとマイウェイ」

ドラマの内容的に、笑い・涙・ドタバタ・勢いなどのイメージ的に「パル」が歌われた『夜明けのマイウェイ』がピッタリなのです

しかしながら、この「荒木一郎」バージョンに魅了されたのは、「悲しみ」をかかえることに少し疲れていたのかもしれません

 

作詞・作曲:荒木一郎

 

悲しみをいくつか のりこえてみました

ここは、乗り越えてきたのではなく「のりこえてみました」の表現が、「荒木一郎」さんの生きてきた人生にダブります(初めてウィキペディアでの紹介をみて、益々この歌が好きになりました)

この表現、この言い回し、言葉のひとつひとつに思い入れを感じます

 

ふり返る わたしの 背中に  まだ 雨が光っています

この3段、4段とリズムの重ねてくる手法が好きでたまりません

 

私は『空に星があるように』も彼の作詞作曲だったとは知りませんでした

しかし、この二曲が「荒木一郎」さんの作品と知り、その虜(とりこ)となっています

「赤木圭一郎」さんも「藤山一郎」さんも名前ぐらいは何となくわかりますが、「荒木一郎」さんを不覚にも存じ上げていなかった自分が情けないです

 

申し訳ありません、「”ふり返る わたしの 背中に”」 の旋律が好きすぎて話がそれてしまいました

 

でも 夜はもうじき 明けてゆきます 今迄と違う朝が

Aメロを繰り返したのち、ガラリと曲調が変化します

そうです、「落ち込んでいる場合ではないですよ」と、後ろからそっと肩を押してくれるのでした

 

ガラスのような まぶしい朝が 芽生え始めています

 

すぐに芽生えることは難しいかもしれません

しかし、この歌を聴いていると、明日に向かって小さな種ぐらいは蒔(ま)けた気がするのでした

 

悲しみをいくつか のりこえて来ました

ふり返るわたしの後ろに ほら虹がゆれているでしょう

 

あらら、2番から「来ました」に代わっていました(なるほど、流石です…)

最初のピント外れなコメントについて、私の心もゆれてしまいます

 

『パル』(オリジナル)バージョンのイントロとガラリと変わってのアレンジです

いい歌は、色んな味わいをもたらしてくれる、最高の「レストラン」だったのでした

(「ちょっとマイウェイ」:南代官山にあるレストラン“ひまわり亭”を舞台にしたコメディドラマである / ウィキペディア)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

荒木一郎 / ゴールデン☆ベスト 荒木一郎&フレンズ(Blu-specCD2) [CD]
価格:2663円(税込、送料別) (2020/12/8時点)

楽天で購入

 

 

P.S.

日本テレビ系 土曜グランド劇場

「熱中時代・刑事編」→「ちょっとマイウェイ」→「池中玄太80キロ」
土曜9時のこの流れは、私にとって神番組に値します
【熱中時代・刑事編】
相手役の「ミッキー・マッケンジー」は「タケシ」と発音できず「ティケィシー」と言っていた、あの可愛さが忘れられません
(「スバル360」「カリフォルニア・コネクション」(主題歌)は昭和の芸術品だとおもいます)
「水谷豊」さんは好きな俳優ですが、「ミッキー」そして「ランちゃん」も、もっともっと大好きでした
ちなみに「相棒」は見たことがありません(他意はありません)
【ちょっとマイウェイ】
「桃井かおり」「研ナオコ」「緒形拳」「八千草薫」「岸本加世子」
このキャストに一部のスキもありません
しかも脇に「秋野太作」「赤塚真人」「左時枝」「結城美栄子」…(敬称を略させていただきました)
大日本帝国海軍が誇る「連合艦隊」さえも遠く及ばない、力強い布陣ではないでしょうか
【池中玄太80キロ】
このドラマの素晴らしさは、以前のブログで少し書いたので割愛いたします
パートⅡ・パートⅢ・スペシャル版と、何作かつくられています
「西田敏行」さんのファンもそして体重も増え、最後の「さよならスペシャル」では、「池中玄太
83キロ」となりました
こんなしゃれっ気が、伝説的な番組となった一因かもしれません
昭和にたくさんの名ドラマがあるように・・・
空に星が あるように 浜辺に砂が あるように
ボクの心に たった一つの 小さな夢が ありました                                                                                                                                                  『空に星があるように / 作詞作曲:荒木一郎』
世に多くの有名なシンガーソングライターがあるように、私の心に「荒木一郎」の名前があり続けるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました