風吹ジュン 『愛がはじまる時』それは彼女が40歳を過ぎた頃からでしょうか  

作詞:有馬三恵子 作曲:平尾昌晃

 

歌唱力とタレント力 昭和49年

 

昭和のアイドルは、基本的に歌がうまいです

当時は、それほどに感じていなかったアイドル達も、改めて聴いてみると、皆さんかなりの歌唱力です(天地真理ちゃん・桜田淳子ちゃんなど皆さん凄かった)

 

しかし、風吹ジュンさんは違いました(浅田美代子さんも結構うまかったように思えてきます)

正真正銘の歌唱力の低さは、認めざるを得ません(ある意味、清々しいほどに突き抜けています)

 

本人も、十分過ぎるほど分かっていただけに、辛かったでしょう(今思えば、笑顔の奥の哀しみを、うまく隠せる力を持っていたのかもしれません)

 

 

言葉で 言えたら どんなに 素敵でしょう

 

半音(?)づつ上がっていく、とても綺麗なメロディーラインです

「どんなに」のあとの感動のブレス音

(今思えば、メロメロにさせる作為さえ感じるほどです)(ただ、息を継ぐという自然な事柄に、45年もの間、耳に残り続けるのは、後にも先にも彼女ただ一人です)

 

当時、こんな強力な「ジャブ」をかわせる若者が、いたでしょうか(しかも美貌という「最強パンチ」が、同時に見舞われます)

 

見た目と歌い方の可愛さと相まって、これはもはう、一つの芸術品と言えるでしょう

「癒(いや)しを与える」という一点に絞れば、昭和の最高傑作に違いありません(当時のおじさんたちを、どれくらい救ってきたことか)

*(文中の内容については、あくまでも男性に限った個人的感想です)

 

風吹ジュン

 

母親の離婚・再婚に翻弄(ほんろう)され、一次合格していた高校も断念

中学頃から貧しい生活(育児放棄)を送り、18歳で銀座の高級クラブ勤務(この時スカウトされます)

 

華(はな)やかそうな芸能界に憧(あこが)れた? 誤解です

 

「歌が下手な、可愛いだけの歌うたい」

こんな心無い言葉を聞くことも多かったと思います

色んな誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)が、容易に想像されます(可愛ければ可愛いほど、風当たりは強くなるものです)

 

そんなイメージが間違いだったことに、彼女を知れば知るほど痛感します(ごめんなさい、私は何も分かっていませんでした)

 

 

愛している時 素直に なれたら どんなに 素敵でしょう

 

最後の歌詞です

この曲を聞いたのは、たぶん45年ぶりだと思います

優しく語り掛けるその歌い方は、やはり「世界チャンピオン」でした(こっちは、もうじいさんになり、当時よりも10倍のダメージです)(なんと心地よいパンチでしょう)

彼女は、どんな思いで「あの笑顔」を私たちに見せてくれていたのでしょう

 

女優・風吹ジュン

 

離婚に至るまでも、かなり壮絶です(とんでもない旦那さんでした)

出演作品を多くみているわけではありませんが、気になる女優さんでした

どんな苦難も「すべてを受け入れた」経験から、自然とにじみ出てくる「人間・風吹ジュン」

 

彼女の演技に魅せられるのは、そんな理由からかもしれません

映画、「無能の人」(日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞)と『愛がはじまる時』

是非、どちらとも御体験ください(私も映画は見ていませんが、素晴らしい作品に決まっています)(監督・主演:竹中直人)

 

ある時、「風吹ジュン」さんは、インタビューに答えます

「何があっても添い遂げるのが夫婦だと思っていました。親としても責任があるのですから・・・」

「同じ思いを子供にさせたくない・・・」

 

今のお幸せが末永く続くことを願うとともに、感動のブレス音が再び聞けることを、楽しみにしています。

 

P.S.

 

「無能の人」

 

「石」を売るという、途方もないことを考える、ダメ亭主のお話(みたいです)

女房役の「風吹ジュン」さんは、ここでもじっと耐え続けるのでしょうか

 

どんな亭主か、見ていないのでわかりませんが、彼女の実生活での元ご主人も相当です

血筋もよく、お金もあり、仕事もできる人だったのかもしれません

しかし、「放蕩」ぐあいも、途方もないダメ亭主だったことは、間違いないようです

 

放蕩(ほうとう)とは

自分の思うままに振る舞うこと。やりたい放題にして、家の財産を使い尽くす。特に、酒にふけったり、女遊びにふけることを指すことが多い  ”ウキペディアより”

 

酒にふけっていたかは、わかりませんが、「覚せい剤・大麻」は、ふけっていたようです(逮捕歴4回)

何より許せないのは、「荻野目慶子」さんとの不倫関係です(自己責任とはいえ、かなり好きな女優さんでした)(逆恨みと言われようが、許せません)

彼こそが、仕事はできても「無能の人」と言いたい。

 

最後になりましたが

原作の漫画「無能の人」(作者:つげ義春さん)も興味深く、一読されることをお勧めいたします。

 

 

昭和の名曲 桜田淳子 化粧 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました