佐藤隆 『12番街のキャロル』 カルメンのように色とりどりの音符が舞い踊ります 

『マイ・クラシック』がヒットした1984年、「高橋真梨子」さんに提供した『桃色吐息』が大ヒットしました

翌年、世に送り出されていたこの曲を知ったのは、少し後となります(「大阪ガス」CMソングとしても採用されていました)

 

12番街のキャロル 昭和60年(1985年)

 

作詞:谷村新司 作曲:佐藤隆 編曲:チト川内

 

作詞が「谷村新司」さんで、しかも彼との「競作」だったことも全く知りませんでした

 

 

あなたのために 歌う 想い出のキャロル あなたに聞こえる かしら

私にために 歌う 別れのキャロル 12番街に 消えていく

 

「佐藤隆」さんの高い声が、ロードノイズと共に車内の据置型スピーカー「富士通テン(Biyo)」から響き渡ります(実は、文字が光る「カロッツェリア(carrozzeria)」に憧れていました)

当時の若者の必須アイテムといえば、「カッコイイ車」でした

 

そして、気合を入れた車内(当然ドキン(土足厳禁)は、自作のカセットテープカーオーディオは欠かせません

何故、どのようないきさつで「佐藤隆」さんの曲が、わが愛車で流れていたのか、今もって不思議です

 

 

恋にときめくこともなく 齢老いてゆく 私

幸せは不幸の前の 悲しい 前ぶれだった

 

涙無くしては聞けないセリフが、荒波のように押し寄せてきます

当時はまだ若く、歌詞の意味も考えずに聞いていました

 

しかし、10年遅くこの歌と出会っていたら、冷静に受け止められる自信はありません(”恋にときめくこともなく”この歌詞が心に突き刺さって、泣き崩れていたかも…)

 

 

せめて もっともっともっともっと もっともっともっともっと

あなたに甘えたかった

 

サビに入り、曲が動き出すと共に、奇跡の声(コーラス)が加わります(スーザン・ボイルもビックリでしょう)

 

 

けれど きっときっときっときっと 希望のない愛だからこそ

嘘だけはなかった愛だと 信じてる

 

「せめて」に対して「けれど」

「もっと」からの「きっと」

「嘘のない愛」だと信じ続けたい

「谷村新司」さんは、ちょっとエッチですが、すごくイケてる人でした

 

一番が終わるまでに、わずか5発のドラムの音が心を震わせます

これがすごくいい音、好きな音、最高の響きなのです(ピアノとの相性もぴったりです)

 

「佐藤隆」さんの音楽は、運転の疲れをどれほど癒(いや)してくれたでしょう

そして、アレンジ及び録音技術は、この時代の中で頭一つ抜けており、スピーカーの性能をワンランク上げてくれるのです

 

 

許せないあなただ けれど ゆるしたい 別の心が

ほほを 伝わり 落ちる

 

二番の歌詞です

「谷村新司」さんは、ちょっと禿(は)げていますが、やはりめっちゃ仕事のできる方だと確信しました

 

夜のヒットスタジオに出演された「佐藤隆」さんは、裸足(はだし)で熱演されていました

そのお姿は、一部のスキも感じさせない剣士を思わせました

しかし所作は、肩に力の入っていない自然体であり、見事なパフォーマンスを軽々と披露されています

 

12番街について、「キャロル」とどう絡むのか

都会には、別れにふさわしいオシャレな「12番街」があるのかもしれません。

 

P.S.

 

キャロル

 

「キャロル」って何?

気になるので少し調べてみました

 

CAROLキャロル)は、1970年代に活動した日本のロックバンド(昭和47年結成)みたいです

あの「矢沢永吉」さんというビッグネームが登場しました(彼とジョニー大倉さんが中心となり結成されたようです)(エーちゃんの基本のきも知らず、すみません)

 

「男女の恋愛模様を描いたキャロル作品も、中にはあるのでしょう…」などど考えながら『12番街のキャロル』を聴いていました

ひょっとして、勘違い?

 

CAROLキャロル)の説明でクリスマス・キャロルにインスピレーションを受けたという、バンド名のいきさつが紹介されていました

 

「キャロル」とは、「クリスマス・キャロル」だった説が、私の中で一気に浮上してきました

一般民衆が祝歌・讃歌としてうたっていた「キャロル」が、「クリスマス・キャロル」として、そして「クリスマスソング」としても歌われるようになってきたようです(少し強引な、あやしい解釈かもしれません)

 

いずれにせよ『12番街のキャロル』

名付けた意味合いなど、私が理解するには、余りにも知識が足りません

 

ただ願いは一つ

「佐藤隆」さんの作品が、「矢沢永吉」さんのようにビッグになること

 

”きっときっときっときっと” 信じています。

 

 

伊丹哲也&Side By Side 街が泣いてた  昭和55年

コメント

タイトルとURLをコピーしました