太田裕美 『君と歩いた青春』 彼女は木綿のハンカチーフを持ち続けていたのでしょうか…  

「太田裕美」さんのデビュー曲が『雨だれ』だと知らされ、やはり彼女の原点にして素晴らしい曲なので、今回はこれにしよう

デビューより13曲連続で作詞は「松本隆」さん、作曲もほとんどが「筒美京平」さん、もう名曲しか残りません

 

そう心に決めたのもつかぬ間、何度か聴いていると『青空の翳り』という曲が急浮上しました

聴いてみると、バラード調のまさに隠れた名曲という感じです

 

何と言っても、作詞者が今までの流れを破っての「来生えつこ」さん、やっぱりこちらにしよう(あまり有名じゃなさそうだし…)

 

・・・しかし私は聞いてはいけない曲を再び聴いてしまったのでした

メジャー曲(微妙ですが)は何となく避けていたのですが『君と歩いた青春』です

この曲への思い入れが、今までの構想を、いとも簡単に根底からひっくり返してしまったのでした

君と歩いた青春 昭和56年(1981年)

作詞・作曲:伊勢正三 編曲:萩田光雄

 

「風」のオリジナルですが、当時聞いた覚えがあるのは「太田裕美」さんです

彼女はどうして男歌を歌っても、こんなにもピッタリとはまるのでしょう

 

「萩田光雄」さんの編曲は、イントロから一気に郷愁を高めてくれます

君が どうしても 帰ると 言うのなら もう止めはしないけど

 

若い二人に何があったのかは分かりませんが、「君」はひとり田舎へと帰っていきます

 

いつもグループで行動していた彼らたちでした

ある日一人の女性が加わり、やがてこの二人だけが都会で暮らし始めたのですが・・・

彼女が去った部屋に一人取り残された「ぼく」の回想が始まるのでした

 

「後悔」とはいえないまでも、どうしようもない「心残り感」を、昔の思い出や郷愁を織り交ぜて、「伊勢正三」さんは昭和史に残る傑作を私たちに魅せてくれます

 

1番では「~なはずだから」とか「~してみたら」と結構気にかけます(正直、いらぬお世話かなと思ったりもしました)

普通の女性なら、「今さら何?、ほっといて!」って思いそうですが、何となくこの彼女は、素直に受け入れている、そんな情景が浮かびます

 

でも私は、2番以降の歌詞から徐々に彼のほうへと前のめりになっていきます

 

けんか早い やつもいた 涙もろいやつも いた

みんな君のことが すきだったん だよ

 

”みんないいやつばかりさ ぼくとは ちがうさ”と1番の最後にポツリと呟いています

決して自分勝手な、ただのモテ男なんかじゃなく、彼女を含め仲間のことが大好きなのです

 

本当は あいつらと 約束したんだ 抜けがけは しないとね

 

たとえば男5人いたら、下から2番目ぐらいにモテない私は、ちょっと許せない思いが正直あります

でも現実とはこういうものと、冷静に受け止めることが出来始めたのはいつごろからでしょうか

それは自分の自信のなさ、不甲斐なさを隠すための言い訳だったことに気づかないままに・・・

 

○○当たりさ ぼくは だけど ほんとさ 愛して いたんだ

 

このあたりから、主人公の一生懸命な生き方が伝わって来はじめるのです

 

「太田裕美」さんシングルバージョン(再レコーディング)では、「○○当たりさぼくは…」のところをかなり強調されておられます

 

逆に、アルバム『12ページの詩集』(1976年)では気持ちをぐっと抑え、切々と語るように歌われ、とても気に入っています

 

この男の人の優しさが、「太田裕美」さんの声の優しさにぴったりと重なります

何で男歌が似合うのかとの疑問が、このアルバムバージョンを聴いていて少し分かった気がするのです

 

彼女の稀有(けう)な声は、どこまでも心地よく誰もが癒されることでしょう

デビューされて早45~6年が過ぎようとしていますが、いまだに彼女に匹敵するような声は、私には届いていません

「太田裕美」さんと同じ時代を歩けたことに、心より感謝したいと思います

 

きれいな 夕焼け雲を 憶えているかい

君と 初めて 出逢ったのは ぼくが一番 最初だったね

 

この歌詞のところで、遠い昔出逢ったある人がチラッと浮かぶことがあります(青春です)

 

「若さ」というものが誰しも持っている、「勢いと不安定さ」

このあたりまでくると、主人公のことがどんどん好きになっていく自分がいます

「おまえも辛いんだよなぁ」と声を掛けたくなるのです

 

君と 歩いた青春が 幕を 閉じた

 

もう冷静ではいられない自分がいます

「君はじゅうぶん頑張ったんだよ」と肩を叩いてあげたい

 

 

君はなぜ 男に生まれて こなかったのか

 

この言葉が聞きたくて、何度この作品を聴いてきたことでしょう

最後のこのセリフは、充分過ぎるほどの余韻をもって、私の心に残り続けるのです

この彼女はずっと「木綿のハンカチーフ」を持ち続けているような、昭和の女性だったのかもしれません

 

エンディングが流れる中、いつも私は同じ体験をしています

先ほどまではチラッと浮かんでいただけのあの人が、はっきりと「あの笑顔」を私に向けてくれているのです(幻覚です)(夢・まぼろしさえ、愛しく感じてしまいます)

 

『君と歩いた青春』

あの人とは一緒に歩くことはできませんでしたが、これからもこの歌を大切に胸に抱き、歩き続けることになるでしょう。

P.S.

「伊勢正三」さんの代表曲言えばやはり『なごり雪』でしょうか(同じ「イルカ」さんの『雨の物語』も大好きな曲の一つです)

 

そしてこの『なごり雪』には別バージョン? があったのです(伊勢さんもコンサートで歌われていたようです)

 

「嘉門達夫」さん、『替え歌メドレー』や『あったらこわいセレナーデ』(この曲は、作曲家としても渾身の一撃でしょう)等のオリジナル曲のほか、この歌『なごり寿司』、フルコーラスで替え歌にされています

なごり寿司

作詞:嘉門達夫

 

寿司を待つ君の横で僕は 値段を気にしてる

季節はずれのブリが 光ってる

嘉門さん、あなたはやはり天才でした

 

東京で食う寿司は銀座が 最高ねと 刺身盛り食べて君が つぶやく

この後も下心あるオヤジとやり手のおねえさまのバトルは必見?ですので、ぜひ聞いてみてください

 

君が去った カウンターに残り むらさきにとけた わさび見ていた・・・

 

この「哀愁」・「なごり感」、原曲『なごり雪』に勝るとも劣りません

こちらも、昭和の名「替え歌フル」として後世に残ることでしょう

 

「名残惜しい」「未練」との違いは、気持ちの尾を引く時間の違いらしいです

あるひとときの名残惜しさと、ずっと引きずり続ける未練

 

「あの人」への想いに、いつまでも未練を残していても前へは進めません

 

「名残」の語源は「波残り」とも言われています

波が打ち寄せた後に残る素敵な貝殻のように、また新しい人生がきっと待っているはずだから・・・

 

四畳半フォーク 南こうせつとかぐや姫 三部作 昭和48年 昭和49年

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました