やまがたすみこ 『風に吹かれて行こう』 天使の声で悩める人にやすらぎを…

ご主人は、名曲『ルビーの指環』(寺尾聰)を編曲された音楽プロデューサー「井上鑑」(いのうえあきら)さんでした

彼のアレンジ三部作「SHADOW CITY」(シャドー・シティ)・「出航 SASURAI」(さすらい)の編曲も個人的に大好きです

 

お名前をきいて、一瞬「にしやますみこ」さんのお顔がよぎりましたが、当然別人です・・・

(あの女王様キャラ、とても好きでした)

 

 

「やまがたすみこ」さんは、小学校6年生から作詞作曲をされていた、生粋のシンガーソングライターです

そのお声は世界の人々に、心の癒しとやすらぎを届けてくれることを確信しています

 

『風に吹かれて行こう』 1973年(昭和48年)

 

作詞・作曲:山県すみこ

風に吹かれて行こう

 

生きることが今 つらくいやになったら

 

風に吹かれて行こう

 

何とも気持ちよく、淡々と曲は流れます

そして1番の終わりに、この歌詞が現れるのです

 

多くのストレスを抱える今の時代だからこそ

また、たくさんの悩みを抱える人々にこそ聴いてほしい、そんな昭和な名曲なのです

 

【自ら人生を閉じてしまった人】

昭和40年代頃は15000人ぐらいだったのが、2021年では2万人を超えています

 

今の辛く嫌な状態から曲を聞いたからと言って、たやすく乗り越えれるとは思いません

しかしこの歌を聴くことにより、一人でも多くの方々が「ほっ」と息をつける時間となれば幸いです

 

風に身をゆだねるままに… 生きていけたら・・・

昭和の歌には、そんな願いを叶えてくれる何かがある気がします。

 

&;

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やまがたすみこ / やまがたすみこ ゴールデン★ベスト [CD]
価格:2410円(税込、送料別) (2022/5/21時点)

 

 

寺尾聰(あきら )『ルビーの指環』  ベージュのコートがオシャレにさすらいます  

コメント

タイトルとURLをコピーしました