さだまさし 『案山子(かかし)』 私には懺悔と「償い」の歌でもあります 

雪が解け始め、春が少しづつ近づくと、案山子を見かけなくなった今でも、この曲は思い出されます

 

『案山子』がひとり 昭和52年(1977年)

 

作詞・作曲:さだまさし

 

都会に出た弟(もしくは妹)を、雪の中にぽつんと立つ案山子(かかし)になぞらえて、郷里に住むが気遣うメッセージを送る歌です(”ウィキペディア”より)

 

世の中、勘違いというのは多いもので、私はてっきり父親の言葉としてこの歌を聞いていたのですが…(約40年深く考えることなく、この歌を聞くたびにおやじの顔を…)(ついでに言うと、この歌の景色は「津和野」をイメージしていたことも知りました)

 

元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか

寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

 

兄のいない私には、少し羨(うらや)ましい気がします

しかし、親不孝のわが身にとっては、この歌詞に触れるたびはに、心の痛みが先に訪れ、身に沁(し)みるのです

 

 

手紙が無理なら 電話でもいい 「金頼む」の一言でもいい

 

リアルに、無駄使いしては「お金ちょっと送って」とコレクトコール(料金先方払い)していた自分には、このあたりから「痛み」がかなり増していきます

 

 

・・・雪をかぶった 案山子がひとり

お前も都会の 雪景色の中で 丁度 あの案山子のように

寂しい思いを しては いないか 体を こわしては いないか

 

田んぼにぽつりと置き去られた案山子になぞらえ、兄は心配します

「こんな私なんかに、そんなに優しく声を掛けないで」と心が叫びます

 

大好きな木琴のアレンジが加わったあたりから、心の針が危険域へとふれていくのでした

 

懺悔(ざんげ)と戒(いまし)め

 

何度聴いても、このあたりが限界のようです(「お母ちゃん、ごめんなさい」と心で叫びたくなるのです)

最後まで聞き終えるほどには、私の涙腺(るいせん)は力強くはなかったみたいです

 

この曲は、両親への懺悔と自分への戒めの歌なのです(当時の自堕落な生活は、思い出すだけでも情けなくなります)

 

だから、この『案山子』

忘れられない歌ではなく、決して忘れてはいけない歌なのでした

 

 

寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る、

 

図らずも「さだまさし」さんは、しんみりとこの言葉を繰り返し、終えるのでした

 

「案山子がひとり」の言い方といい、春の風が吹き抜けるような、温もりに包まれます

 

さだまさし

 

昭和52年(1977年)の伝説

 

25歳でもうこの曲は出来ていました

「グレープ」解散後、病気を患いしばらく休養します

そして、満を持してソロデビュー、あの『雨やどり』(昭和52年3月)が大ヒットします(音楽的にもお笑い的にも歌謡史に残る傑作です)(オチも秀逸で、必ず最後までお聞きください)

 

そして『吸殻の風景』(昭和52年7月)(軽快な曲調がらも、ギターアレンジは素晴らしく、恋愛の応援歌として、優しく励ましてくれます)

と続き『案山子』(昭和52年11月)です

ソロデビュー第一弾『線香花火』(昭和51年11月)(”線香花火の火玉が落ちて ジュッ” 最後の歌詞は悲しすぎます、辛すぎます)

 

この作品を含めると、わずか1年でこの力作4曲です

それはまるで、綺麗なアーチを描くように、私の心に打ち込まれてしまいます

(バックスクリーン3連発(バース・掛布・岡田)のあとに、まさか佐野選手(当時6番打者)までも・・・みたいな世界です)

まさに、奇跡のの4連発を世に送り出したのです

 

その後も、若きスラッガー「さだまさし」さんは、幾つもの「伝説」を生み出します

 

 

P.S.

 

あれから

 

人生、反省も大切ですが、やはり「これから」のほうがもっと大切ではないでしょうか(「夏目漱石」さんも言っています「これから」が大事…いや「それから」でした)

 

まぁ、「あれから」の自分を少しでも磨き、親孝行に務めたいものです(そろそろお小遣いをもらうのをやめて、あげるほうにまわりたいと思っています)(日頃、「こづかいをもらってあげるのも親孝行」との持論を展開し、子供たち(妻を含む)に冷たい視線をあびているもので…)

 

「冬来たりなば 春遠からじ」(つらい時期を耐え抜けば、必ずいい時期が来るの意)

イギリスの詩人「シェリー」(誰?)さんは、なんと素晴らしいことをおっしゃるのでしょうか

私の春もきっと、すぐそこまで来ているかもしれません(ん?、話がすり替わっている?)(つらい時期を耐えたのはわが両親、重ね重ね、申し訳ありません)

 

季節も「春遠からじ」、久しぶりに故郷に帰ってみては?

 

 

昭和の名曲 僕にまかさてください クラフト 

松山千春 ふるさと  昭和56年(1981年)

コメント

タイトルとURLをコピーしました