スポンサーリンク
80年代 歌謡曲

『夜霧のハウスマヌカン』【やや】「赤ちゃん」でも「副詞」でもありません 日本の歌手です    

歌詞の世界感・とびぬけた歌唱力・魅了ある声・サックスに代表されるアレンジ力 どうしても残したい昭和の名曲なのです 若さのピークをほんの少し過ぎた、けなげとも言える女性の悲哀をものの見事に 歌いあげて下さいます。エンディングのサックスはまさにむせび泣き続けています。
2020.02.12
70年代 歌謡曲

大塚博堂 『めぐり逢い紡いで』  ”胸のボタンひとつはずして ” ヘンな期待はしないでください 

素敵な低音を響かせます 決して押しつけがましくはないけれど、一途な思い・情念を素敵な言葉で表現されています。 あなたも吟遊詩人(街から街へと渡り歩き、愛の歌を奏でる)になって大塚博堂さんの世界へ訪れてみませんか。
2020.02.12
80年代 歌謡曲

水越けいこ 『トゥーファーラウェイ』Too far away 君だけ好きだ… ほほにキスして…いいわけないですね

”君だけいれば 君さえいれば 生きることさえ 辛くないから” このフレーズだけは少し記憶がありましたが、改めて聞いてみるともう衝撃的。最初は遠距離恋愛のラブラブソングかな? ぐらいに思っていましたが、この一途な思いやピュアな気持ちに心が洗われます。ぜひ死ぬ前に一度、いや7回以上お聞きすることをお勧めいたします。
2020.02.12
タイトルとURLをコピーしました