スポンサーリンク
昭和の名曲 70年代

あべ静江 みずいろの透明感で若き日を訪ねます

ふらりと立ち寄った音楽関係者は、まったく見識もない「あべ静江」という人のデビュー作品を、「阿久悠」さんにオファーします
80年代 演歌

前川清 昭和から歌い継がれるテーマ 「雪」そして「列車」

1987年、正式に「内山田洋とクールファイブ」を脱退し、ソロ活動に専念します。 ソロデビュー曲となった『雪列車』、イメージチェンジもあったのか、作詞作曲陣の顔ぶれも気合が入っています。
2023.01.22
80年代 フォーク・ニューミュージック

ジューシィ・フルーツ 代表曲『ジェニーはご機嫌斜め』だけではありません

1980年代に活躍されたロックバンド「ジューシィ・フルーツ」 ボーカルは「イリア」という愛称で広く知られている「奥野敦子」さん。魅力的な声であなたのハートをキュンキュンさせてくれるでしょう。
2023.01.19
70年代 演歌

美空ひばりの名曲 セリフを歌い、歌を語り、物語を燦燦とつむぎます

森繁久彌さんが「歌は語れ、せりふは歌え」と言っておられました。 『悲しい酒』は、まさにこの言葉に集約されます。
2023.01.13
70年代 フォーク・ロック

石川セリ サーフボードに残る、八月の濡れた砂がムーンライトに照らされて…

『ムーンライト・サーファー』という作品には、多幸感と哀しみが共存していると感じました。 「石川セリ」さんの魅力的な声が加わることで、絶妙なバランスとなり、素敵な作品に仕上がっています。
70年代 演歌

松原のぶえ 演歌道ひとすじの生き方に「幸せホルモン」をたくさん頂きました

「松原のぶえ」さんのデビュー曲にして出世作となり、この曲で1985年の第36回NHK紅白歌合戦に初出場しています。 作詞と作曲のこれほどまでに息の合った作品に出会え、感謝の念に堪えません。
70年代 フォーク・ロック

さだまさしの隠れた名曲 1年後に拾ったものは「ほおずき」と「思い出」と「償い」

グレープは、1972年に結成された「さだまさし」さんと「吉田正美」さんによる日本のフォークデュオです。 「さだまさし」さんがバイオリン、もう一人の方が地味にギターを弾いている印象でしたが、当時の映像を確認してみると新しい気付きもたくさんありました。
2023.01.13
昭和の名曲 80年代

「岡崎友紀」&「加藤和彦」&「安井かずみ」 私は忘れない…忘れられない…忘れたくない

岡崎友紀(YUKI) 『ドゥー・ユー・リメンバー』 1980年 作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦 1970年代前半から中盤にかけて国民的アイドルとして人気を博した「岡崎友紀」さん 『柔道一直線』の「吉沢京子」さん『...
70年代 フォーク・ロック

「サイモン&ガーファンクル」 静寂の世界(サウンドオブサイレンス / sound of silence)は序章でした

クリスマスソングがちらほらと聞こえ始めましたが、今年のイブの日にはこの曲『明日に架ける橋』がおすすめです。
70年代 演歌

「猪俣公章」 森進一と出会い、共にスター街道を 男の悲哀3曲

「女からの別れ」「男の別れ」そして「友とあの人…との別れ」 それぞれの別れを「猪俣公章」先生は、見事に楽譜に写します。
70年代 歌謡曲

「松本ちえこ」 ぼく、今でもこの歌を聴いています

70年代のアイドル歌手達は、今よりも身近で、今よりもずっと自然なままの姿を見つめることができたように思います。
80年代 フォーク・ニューミュージック

浜田省吾 あるひとつの土曜日に想う (その悲しみは雪のように溶けてしまうのか)

本文では、「浜田省吾」さんのことはほとんど知らないと書きましたが、間違えていました。 1979年、日清「カップヌードル」のCMソングを歌っておられました。 『風を感じて』、久しぶりに聞いて感動しています。
タイトルとURLをコピーしました