昭和の名曲 70年代

スポンサーリンク
70年代 フォーク・ロック

南こうせつとかぐや姫 四畳半フォーク ヒット曲三部作 

神田川: この詩を聞かされ、南こうせつさんは瞬時に反応し、浮かぶは不滅の旋律となります 赤ちょうちん: 二人の貧しい生活を可笑(おか)しいと感じられる女性って、とても素敵だと思います 妹:家族愛の最高峰に位置付けしたいです 昭和の代表的フォークソングをお楽しみください。
2020.02.10
70年代 歌謡曲

因幡晃 『わかって下さい』 昭和を代表する名曲 誰もが認めます、と思います

昭和を代表する名曲 誰もが認めます パイプオルガンが凄いです わたしには、この時代独特な恋愛模様があるような気がして仕方ありません
2020.02.10
70年代 歌謡曲

中尾ミエ『片想い』 昭和46年 昭和52年~ いつまでも毒舌で可愛いベイビーなのです

あなたの影によりそい、胸にすがりつきたいけれど、貴方は通り過ぎていくのです 私にできることは、ただ祈ること 祈りを込めて伝えたい 愛を、私のすべてを・・・ 中尾ミエが気持ちを込めて歌います 安井かずみ・作詞  川口真・作曲
2020.02.10
70年代 演歌

村木賢吉 『おやじの海』  昭和47年に自主製作 ”そんなおやじがいとおしい”

尺八のイントロの音色を聴いているだけで癒(いや)され、かすれ具合・こぶしの技に痺(しび)れます ”汐のにおいが 肌身に しみた そんな あやじが いとおしい” 日々成長していく子供らの親となり、こんな風に慕(した)われるおやじになりたいと普通に思いました
2019.12.16
70年代 フォーク・ロック

松山千春 「起承転結」 初期の名作です 昭和54年(1979年)

昭和らしい女性の気持ちを見事に代弁しています。 旅立ち 初恋 かざぐるま 時のいたずら 銀の雨 青春パートⅡ アルバム『起承転結』 重要有形文化財に登録してください。
2020.02.10
70年代 演歌

八代亜紀 『ともしび』 / 『花水仙』 演歌色のうすい名曲です お化粧もきっと、うすいです 

昭和演歌というよりも、フォークソングの色合いが混じります。 「ともしび」は命のあかしそのものだったのです。 このあかしが消えそうだと告げられ、そこから彼女の苦しみが始まるのです。 2曲とも演歌というには違和感が残り、フォークソングのテイストが入り交じった作品でもあり、当時も今もこの私を虜(とりこ)にし続けているのです。
2020.02.10
70年代 歌謡曲

岡崎友紀 『グッドラック・アンド・グッドバイ』 「なんたって18歳!」(バスガイド姿)も私は忘れない

松任谷由実(荒井由実さん)の懐かしの名曲です 時代が求めたのか、それとも彼女の才能が際立っていたのか・・・ 混んだバスの くもった窓に書く・・・ この歌詞とこのメロディーラインが、死ぬほど、たまらなく、震えるほどに大好きなのです
2020.03.08
70年代 演歌

三橋美智也 『達者でナ』 それにつけても…牧歌的だなぁ 

昭和45年発売  「三橋で明けて三橋で暮れる」 「三橋美智也」さんは とんでもない領域の職人技を、謙虚にそして心地よく披露されています。 昭和の歌謡界の中で、いや日本の伝統芸能の世界では、忘れてはならないアーティストなのです。
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

長谷川きよしデビュー曲 『別れのサンバ』 そして「40年。まだこれがベストではない。」

日本を愛しながらもジャンルに拘(こだわ)ることなく、日本語を愛し続けた彼の渾身の一撃 名曲を語る上で、外せません
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

ハイファイセット(HI-FI-SET) 燃える秋 このフィーリングにもえます

秋も深まり、木々の葉にも鮮やかに色づき始めた今日この頃、文豪五木先生はその様を「燃える」と表現されました。 美しき昭和の風景です。 そして山本潤子さんの安定感ある、透き通る声に酔いしれてください。
2020.03.08
70年代 演歌

江利チエミ 『酒場にて』 昭和49年 映画「サザエさん」で長い夜を過ごしてみては 

酒場での女一人の哀愁をすべて引き受けます。 「好きでお酒を 飲んじゃいないは・・・」 哀しいですねぇ ニックニューサで知った私は、「江利チエミ」さんのオリジナル曲との出会いなのです。 改めて彼女の歌い方を聴くと、深い 深すぎます そして哀しすぎます。 気持ちの入りようがハンパないのです。 女の人が一人家に帰っても そう、ただ暗い闇が待っているだけなのです。 愛の香りも消えた部屋には・・・
2020.02.10
70年代 演歌

大ちゃん数え歌 昭和45年(いなかっぺ大将) / 天童よしみ 珍島物語

「天童よしみ」さんを遡(さかのぼ)っていたら、たまたまの「いなかっぺ大将」だったのです。 「珍島物語」なかでも私が一番に注目したのは芸術的なトランペットです。 イントロからガツンとパンチが入り、〈これでもか〉と哀愁とともに鳴り響きます。
2020.02.10
タイトルとURLをコピーしました