北へ帰ろう(寺内貫太郎一家2・挿入歌) 徳久広司 愛しき人

私のとても好きな曲『ヘッドライト』(新沼謙治)『そんな女のひとりごと』(増位山)などを作曲されています

 

ギター片手に渋く歌われてる先生が「あの名ドラマ」で歌を・・・

徳久広司さんは「寺内貫太郎一家2」での挿入歌『北へ帰ろう』で歌手デビューされていました

ご本人の見覚えもなく、「小林旭」さんの歌?ぐらいのイメージで、うろ覚えのこの曲です

 

しかし、この声、このこぶし

間違いなく、昭和の名ドラマ「寺内貫太郎一家」で聞いていた歌だったんです(パート2があったことは、覚えていませんでした)(もっと正直言えば、小林亜星さんに殴られ、西城秀樹さんがちゃぶ台のある部屋から下へ転がる場面しか…)

 

何はともあれ、懐かしの名曲です

 

北へ帰ろう 昭和50年 (1975年)

 

作詞・作曲:徳久広司 編曲:小林亜星

 

北へ帰ろう 思い出抱いて 北へ帰ろう 星降る夜に

 

『北帰行』『北の旅人』『旅の終りはお前に』

演歌の旅立ちは「北」が似合います

イントロの弦楽器(バイオリン?)を除けば、ギター・ベースギター・多分マンドリン・そして渋みのある、以上終了なのです

 

聞いたバージョンが、オリジナル音源かは定かではありませんが、上記以外の音は聞き取れませんでした

このシンプルさに、昭和の男の潔さを感じるのです

 

 

愛しき人よ 別れても 心はひとつ 離れまい

 

「離れまい」

余韻がほんのりと残る、いい言葉です

 

レコードジャケットに映っているうしろ姿がまた素晴らしいのです

雪駄履きに黒のダボシャツ、薄いベージュの腹巻をきめて、流し風にギターを抱(かか)えています

かぶる帽子は、カンカン帽(麦わら帽子の一種で天井が平らなタイプです)(”ボインは~”の「月亭可朝」さんがかぶっていたヤツです)(今でもカンカン帽と言うみたいです)

 

このスタイル、いけてます!(と私は思いたい)(今は「?」の人が多いかもしれないけれど、あと一周半ぐらいまわればワンチャン…ないでしょうか)

この作品に限らずですが、昭和のレコードは、曲に痺(しび)れ、レコードジャケットに、またホレボレいたします(あの1粒で2度おいしいといわれたキャラメル「アーモンドグリコ」と同じです)

 

 

みとせの 夢よ わが恋よ 君くれないの くちびるよ

 

3年間の夢が破れたのか、成就(じょうじゅ)させるために北へ向かうのか、たぶんもっと深い意味があるのでしょうが、私には分かりません

ただ、この古き日本語の響きが、心にしみる歳になってきたのは、間違いないようです。

 

「北へ帰ろう」いや、北へ旅に行きたいです

思い出を抱いて、昭和の名曲とキャラメルを携(たずさ)えて・・・

 

P.S.

 

寺内貫太郎一家

 

当時まだドラマのTBSと言われていた(たぶん)(私の勝手な想像です)、水曜劇場・9時枠です

脚本:向田邦子 プロデュース:久世光彦

 

「小林亜星」「加藤治子」の夫婦に母「ジュリ~と叫ぶ樹木希林(当時は悠木千帆)

「伴淳三郎・由利徹」と脇を固めており、今思えばもう完璧な布陣です

 

CM王 小林亜星

 

そもそも『北へ帰ろう』の徳久広司さんも「小林亜星」さんに師事していた縁からの抜擢です

昭和の名曲・CM編では、まず「小林亜星」さんは外せません

”小林亜星さんCM曲さんについては[soikll5]さんの動画を参考にさせていただきました”

 

「この木なんの木、気になる木~ / 日立グループ」・「泣いて~いるのか、笑ぁっているのか~ / エメロンシャンプー」「レ~ナウン・レナウン娘がワンサカ…」は有名です

 

「どこま~でも、行こう / ブリヂストン」「酒は~大関、こころいき~」

ニッセイのおばちゃん!今日もまた」「うれしい白で~す~、ブルーダ~イヤ 金銀パールプレゼント!」

「おいしい顔ってどんな顔?パンにやっぱりネオソフト」「パンシロンでパン!パン!パン!」

新三共胃腸薬、か~りゅう~」「ぱっと、さいでりあ~(テレビっ子の私は、亜星さんと共に昭和を生きてきたといっても過言ではありません)

 

サントリーがある、笑顔がある、喜びがある、微笑みがある、サントリーがある」「涙がある、愛がある、夢がある、ため息がある、サントリーがある」「そしてまた明日がある、サントリーがある」

このCMに使われていたBGMは永遠に不滅です(ドンドンディドン・シュビダドン・夜~が来る~ / 超テキトーです

 

昭和のCMには、誰もが信じて疑わなかった夢のある「あした」があったのです

そして今でも毎日のように耳にする「あなたとコンビに、ファミリーマート(ファミマ、おまえもか!)

 

あなたには、笑顔がある・愛がある「あした」はありますか?

 

 

いいないいな にんげんって いいな みんなでなかよく ポチャポチャおふろ

あったかふとんで 眠るんだろな

僕も帰ろ お家へ帰ろ でんでんでんぐりがえって

『にんげんっていいな』/ 詩:山口あかり 曲:小林亜星”

 

それでは皆さま、気持ちが少しほっこりしたところで

「バイ・バイ・バイ!」

 

 

冠二郎 旅の終りに 昭和52年

西郷輝彦 ねがい 昭和51年(1976年)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました