『俺たちの朝』オープニング曲 唄・松崎しげる わが青春の愛のメモリー

このドラマのヒットにより、江ノ島電鉄は倒産の危機をまぬかれたといいます

なぜなら、ドラマに喚起された若者達が ”いざ鎌倉”へと押し寄せて来たからに他ならないのでした

 

「俺たちの旅」「俺たちの朝」「俺たちの祭」と三作続いた「俺たちシリーズ」

当時、中1~中3の多感な中学男子だった私です

この三シリーズを外すはずがありません

 

「俺たちの旅」の金沢緑さん、とてもきれいな方でしたが、大人っぽくて中1の私には少し荷が重すぎたようです

その点と言っては何ですが、”カーコ”こと「長谷直美」

おくてながら中学2年にまで成長したこともあり、自分にはとてもしっくりとはまりました

要するに、すごくあこがれたというか、目のまわりがハートマークで埋め尽くされていたのでしょう

 

そんな思い出のドラマの主題歌『俺たちの朝』

今再び聞いてみました

 

俺たちの朝 1976年(昭和51年)

作詞:谷川俊太郎 / 作曲:小室等 / 編曲:チト河内 / 歌:松崎しげる

作曲:小室等

 

「小室等」さんといえば何となく「空から雨が…」なんとかかんとか・・・

創世記のフォークソングを歌う、古い感じのオジサン・・・

大変失礼ながら、そんなイメージしかありませんでした

 

この作品を歌っているのが「松崎しげる」さんだと知った時の驚き以上に、作曲者の名前を見て更にびっくり!

当時も今もニューサウンドなのです

懐かしくも新しい何かを感じるこの曲調に、今更ながらに魅せられています

 

この作品は『青空に問いかけて』という題名で「小室等」さん自身も歌っています

ギターひとつで、心を込めつつ穏やかに歌っているその姿に、本物のシンガーを見た気がいたします

 

いま私の中で、「小室」といえば「圭」さんではなく、「哲哉」さんでもなく「小室等」さん一択となってきています(冒頭の歌の題名は『雨が空から降れば』でした、ごめんなさい)

 

作詞:谷川俊太郎

私自身、文芸に関しても浅学非才、一切存じ上げませんでした

ウィキペディアで確認すると、受賞歴の欄が埋め尽くされています

ありとあらゆる分野に造詣が深く、作詞活動についてもとても幅広く「俺たちの朝」の文字は見当たりません

 

活躍された内容の情報量はあまりにも膨大であり、スクロールする人差し指がつりそうになるほど画面狭しと並んでいます

 

そんな偉大な方の作詞部分を、恐れ多いことですが一部を紹介させていただきます

まずは、始まりの部分です

 

ほとばしる水の 冷たさに 今日がかくれている

前作『俺たちの旅』の「小椋佳」さんに対するかのように、この「谷川俊太郎」さんの世界も凡人には理解できません

どちらも非常に難解です

読みとこうなどと考えたらいけないのです

 

ただただこの行間に浸り、ゆらゆらと心地よく身をゆだねればいいのです

 

聞きなれた街の ざわめきに 夢がかくれている

こちらは、2番のはじまり

 

聴いているこちらが、高尚な文学にさも勤(いそ)しんでいるような錯覚にとらわれてしまいます

この独りよがりな多幸感が私にはたまりません

 

答を知らぬきみに できるのはただ

明けていく青空に 問いかけること

当時、この唄の歌詞の意味を考えた記憶がありません

言葉を追うという発想がなかったのでしょう

「カーコ」ばかり見つめていたのだからそれは仕方なく、情けない限りです

 

 ”問いかけること” 

年を無駄に重ねた今だからこそ、その内容について、もう一度じっくりと考えてみたいと思います

 

「何を今問いかけるか」

答えはすぐに見つからなくとも、どこかに何かが”かくれている”気がするのでした

 

松崎しげる&チト河内

 

チト河内とトランザム

『俺たちの勲章』『俺たちの旅』『俺たちの朝』等の劇上での音楽を担当した「トランザム」

そのリーダーとして活動する「チト河内」さんのアレンジは欠かせません

 

「佐藤隆」さんの『マイクラシック』のイントロをご存じでしょうか?

「高樹澪」さんの『ダンスはうまく踊れない』の中での伴奏のギターとバイオリンのコラボ

そしてこの曲の間奏部分、音楽のすばらしさを改めて実感させられるのでした

 

トランザムが音楽を担当したことによって、このドラマが一層輝き「カーコ」ちゃんの演技がより一層切れがまし、「秋野太作」(通称ヌケ)さんのダメっぷりが引き立つのでした

 

松崎しげる

レコードジャケットの彼は、一瞬だれか分からないほどに、いい男で色白でした

有り余る声量を少し抑え気味に歌う姿に、持って生まれた歌唱力の高さを感じます

 

「松崎こげる」のテロップを入れた焼き肉のCM、事務所と自宅両方に日焼けマシーンを設置している彼です

エンターティナーの鏡であることは、疑念の余地がありません

 

『グリコ アーモンドチョコレート』CMソング『愛のメモリー』も名曲ですが、彼の作品の中での「俺たちの朝」は一押しの1曲としたいのです

 

P.S.

それぞれのドラマ出演

 

前作「俺たちの旅」から続けての出演者も多く、中でも「岡田奈々」さんのビジュアルには今更ながらに驚かされます

 

〈そして、それ以上に〉

デビューからまだ2年の「原田美枝子」さんの視線の厳しさ「松金よねこ」さん(「オッスと海と泣き上戸」に出演)女子大生姿は、かなり衝撃的なのでした

 

その「松金よねこ」さん、ドラマに映画、舞台に声優・・・

いろんなジャンルに幅広く活躍されています

綺麗なだけの女優さんとは、仕事への気合の入れ方が違うのかもしれません

 

「片桐はいり」さんと共に、とても好きな女優さんなのでした。(ちなみに、片桐さんをあえて取り上げたことに他意はありません)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデン☆ベスト 松崎しげる [ 松崎しげる ]
価格:1740円(税込、送料無料) (2022/11/21時点)

 

古井戸 『何とかなれ』 アニメ「アカギ」主題歌

昭和の名曲 70年代
スポンサーリンク
昭和の名曲 一曲入魂ブログ  70年代~80年代の懐メロ 200選(収まりきれないかも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました