70年代 歌謡曲

スポンサーリンク
70年代 歌謡曲

因幡晃 『わかって下さい』 昭和を代表する名曲 誰もが認めます、と思います

昭和を代表する名曲 誰もが認めます パイプオルガンが凄いです わたしには、この時代独特な恋愛模様があるような気がして仕方ありません
2020.02.10
70年代 歌謡曲

中尾ミエ『片想い』 昭和46年 昭和52年~ いつまでも毒舌で可愛いベイビーなのです

あなたの影によりそい、胸にすがりつきたいけれど、貴方は通り過ぎていくのです 私にできることは、ただ祈ること 祈りを込めて伝えたい 愛を、私のすべてを・・・ 中尾ミエが気持ちを込めて歌います 安井かずみ・作詞  川口真・作曲
2020.02.10
70年代 歌謡曲

岡崎友紀 『グッドラック・アンド・グッドバイ』 「なんたって18歳!」(バスガイド姿)も私は忘れない

松任谷由実(荒井由実さん)の懐かしの名曲です 時代が求めたのか、それとも彼女の才能が際立っていたのか・・・ 混んだバスの くもった窓に書く・・・ この歌詞とこのメロディーラインが、死ぬほど、たまらなく、震えるほどに大好きなのです
2020.03.08
70年代 歌謡曲

布施明 『落ち葉が雪に』   この歌詞と落葉は、薔薇より美しかった 

隠れた名曲にしないで欲しいのです。 この作品の作者は、「日記を書き始めることでもう一人の僕との出逢いがあった」 と哀しくも素晴らしい告白をされています。 皆さんもこの曲を聴いていただき、もう一人の素敵な「あなた」に出逢ってみませんか。
2020.02.10
70年代 歌謡曲

浜田真理子 『逢わずに愛して』 カバー曲 昭和45年(原曲) 「街の灯り」もおススメします 

不動の前川清さんも素敵ですが、素晴しいピアノの弾き語りも魅了されます。 数々の昭和の名曲をカバーされており、そのチョイスがとてもいい感じなのです。 浜田真理子さんのカバーは別格かな
2020.02.11
70年代 歌謡曲

柴田まゆみ『白いページの中に』 歌詞の意味は不明ですが、昭和歌謡史に残るであろうこの名曲です    

昭和歌謡史に残るであろうこの名曲をなんと高校卒業後まもなく仕上げています。 この詩の表現力、言葉の選び方が、最高の旋律にのって、聞く者を圧倒するのです。
2020.02.11
70年代 歌謡曲

大塚博堂 『めぐり逢い紡いで』  ”胸のボタンひとつはずして ” ヘンな期待はしないでください 

素敵な低音を響かせます 決して押しつけがましくはないけれど、一途な思い・情念を素敵な言葉で表現されています。 あなたも吟遊詩人(街から街へと渡り歩き、愛の歌を奏でる)になって大塚博堂さんの世界へ訪れてみませんか。
2020.02.12
タイトルとURLをコピーしました