長渕剛 『素顔』 アルバム「逆流」より 再出発の二人に乾杯!

作詞・作曲:長渕剛

素顔 昭和54年(1979年)

 

石川鷹彦 編曲

 

ギターにも詳しくないので、ほぼ知りません

 

アコースティックギター

 

この世界ではかなりの方らしいです

エレキギターのような、「電気的増幅」なしのギター・生ギターともいう(狭義ではフォークギター)

「アコギ」と省略することもあるらしいです ”ウキペディアより”

 

魅力の一つ ギターイントロ

 

素晴しいイントロは、彼の演奏だったのですね

調べてみると、「アリス」との関(かかわ)りも、かなり深いようです

 

大・大・大好きな『秋止符』のイントロも彼なのか!

軽い感動のあまりに、もう一度『素顔』『秋止符』を聴いてしまいます(なんと心地よい音なのか)

「石川鷹彦 編曲」なので、アレンジにも少し触れておきます

 

いいです、いいと思います

歌詞があまりにも強烈すぎて・・・

もう一度アレンジを中心に、「アコギ」に注目しつつ聴いてみたいと思います(いっぱしの音楽評論家みたいで、いい気分です)

 

女の気持ちと男の思いやり

 

ゆっくりと、そして優しく真情を吐露(とろ)します

歌詞が、ストレートに入ってくるのは、そのせいでしょうか

 

自信を無くした女

 

時がたち、苦労も重ね、身も心も化粧で固めてしまいます

優しくされても、素直になれません

 

 

気まぐれだったら、やめてちょうだい・・・

 

あなたの前では きれいでいたいし・・・

 

心が揺れ動きがます

色んな女性とのかかわりや別れを体験した(勝手にイメージで思っているだけですが)長渕剛さんならではの世界です

 

気持ちの熱伝導力は、無敵かもしれません

 

 

昔の私じゃ ないから

 

1番の歌詞を聴き終わった後、思わず伝えたくなります

月日を重ね、その分だけ苦労も重ねたこの女性、

 

「あなたも、じゅうぶん過ぎるぐらい魅力的で素敵ですよ」と・・・

 

気遣う男

 

以前彼は、手鏡を送っています

 

彼女の自然な姿が好きなんです

 

 

お前の過去を 化粧でかくすためじゃなく 素直な 心を映せばいい

 

今のままで、今の彼女のままで

過去なんて隠さなくても

 

「素顔」のままで・・・

 

 

さぁ化粧をおとしたら 髪をとかして このまま 静かに眠ろう

 

彼も、今の彼女のすべてを受け入れているのです

 

長渕剛

 

実質的なデビュー曲『巡恋歌』(昭和53年)後、2枚目のアルバム「逆流」にこの歌は収められています(収録曲『順子』はその後大ヒット)

 

人は、それぞれ時とともに「悩み」「努力」「学習」しながら成長していきます(私の場合、時とともに退化してますが)

 

結果的に主演ドラマ曲」『トンボ』(昭和63年)が大ヒットしました

その後も、素晴しいパフォーマンスを維持するため、自分を厳しく律し、肉体改造を行います(らしいです)(正直、「トンボ」以降詳しく知りません)

 

順子 伝説の生放送

 

ひょろりとした、長髪での姿(ギター1本の弾き語り)が目に浮かびます

観客から手拍子が始まると「失恋の歌なので、手拍子は勘弁して下さい・・・」

 

爽(さわ)やかな笑顔で、お願いをするのでした

仕切り直して、再度、最初から歌い直しです(生放送なんて気にしません)

 

今でも昔でも、「自分」を生きることの尊さを、教えてくれる人なのです

 

個人的には

 

悲しいことに歳をとると、人間が偏屈(もともとの素質も十分あった)になっていきます

私の場合は、その傾向が特に強く、懐古趣味に走りがちです(もはや、完全に突っ走っています)

 

 

順子 君の名を呼べば 僕は・・・                 【順子】

 

 

・・・ないからぁ~ あ~ あ~~ /   眠ろぅお~ お~ お~~  【素顔】

 

この語り、この旋律、この歌い方

 

好きで、好きで、たまりません

 

&

;

 

P.S.

 

『素顔』との出逢い

 

とある彼女の別れ

 

以前にも少し触れましたが、18~24歳ぐらいまでは、朝一でパチンコ屋に並ぶのが、ルーティーン(決まり切った仕事)でした(通勤者の方々の視線は、厳しいものがありました)

 

そんな私も、晴れて就職(25歳)です(人間6年も自堕落に暮らせば、さすがに飽きるものです)(生まれながらの飽き性も幸いしました)

そこで出会った彼女が『素顔』の教え人・感謝すべき紹介者なのです

 

ある男性の送別会(3次会)、場所は場末?のスナックの薄暗いボックス席

片隅に座る彼女は、「誰も知らないと思うけど…」と遠慮気味に歌ってくれました

 

ある男性とは、彼女と付き合っていた、少し年下の彼でした(遠く離れた実家の家業を継ぐため退社)

社内事情に疎(うと)い私は、この事実を知ったのは当日前後だった気がします

 

初めて聞いたはずなのに

 

歌い方が上手だったのか

彼女の境遇に、想いを馳(は)せた、そのせいなのか

曲の良さが、際立っていたのか

(スナックのおねぇさんの、化粧が濃すぎたせいか)

 

理由はよく解りません

 

残り続ける歌

 

そのあとも、ずっと心に残っていました

それは、入社以来の彼女への「淡い憧れ」、もしくは

《好きになりかけていた》

 

そんな理由だったのかもしれません

 

そう、彼女も、素顔が似合う、少し年上の人でした

 

 

昭和の名曲 晃  わかって下さい  

昭和の名曲 桜田淳子 化粧  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました