70年代 フォーク・ロック

スポンサーリンク
70年代 フォーク・ロック

海援隊 『思えば遠くへ来たもんだ』  武田鉄矢さんら三人での素敵な三枚おろしです

昭和の代表曲『贈る言葉』の大ヒットで、改めて見なおされた『思えば遠くへ来たもんだ』 ”線路のそばに咲くコスモスの花”を見つける頃には、ぜひこの曲を聴いてみてください。
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

クラフト 『僕にまかさてください』 さだまさし:作詞・作曲にて名曲確定です 

この出だしのフレーズは「さだまさし」にしか作れない、不滅の旋律だと思います そこに、美しい昭和の日本語や、とても優しい言葉が紡(つむ)がれています
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

山本潤子 『竹田の子守歌』 赤い鳥   心が洗われる、そんな翼をくださいました

竹田地方の普通の子守歌・・・ではなかったのです 透き通る声は、唄の原点を、人としての原点を、昭和を見つめ直すようにと、言われている気がします
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

南こうせつとかぐや姫 四畳半フォーク ヒット曲三部作 

神田川: この詩を聞かされ、南こうせつさんは瞬時に反応し、浮かぶは不滅の旋律となります 赤ちょうちん: 二人の貧しい生活を可笑(おか)しいと感じられる女性って、とても素敵だと思います 妹:家族愛の最高峰に位置付けしたいです 昭和の代表的フォークソングをお楽しみください。
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

松山千春 「起承転結」 初期の名作です 昭和54年(1979年)

昭和らしい女性の気持ちを見事に代弁しています。 旅立ち 初恋 かざぐるま 時のいたずら 銀の雨 青春パートⅡ アルバム『起承転結』 重要有形文化財に登録してください。
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

長谷川きよしデビュー曲 『別れのサンバ』 そして「40年。まだこれがベストではない。」

日本を愛しながらもジャンルに拘(こだわ)ることなく、日本語を愛し続けた彼の渾身の一撃 名曲を語る上で、外せません
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

ハイファイセット(HI-FI-SET) 燃える秋 このフィーリングにもえます

秋も深まり、木々の葉にも鮮やかに色づき始めた今日この頃、文豪五木先生はその様を「燃える」と表現されました。 美しき昭和の風景です。 そして山本潤子さんの安定感ある、透き通る声に酔いしれてください。
2020.03.08
70年代 フォーク・ロック

井上陽水 『心もよう』 昭和48年 徒然なるままに少年時代を思いおこします 

『氷の世界』ならぬ彼の世界に一度は踏み込んでみてはいかがでしょうか。 昭和48年という今から45年以上も前に完成されたというこの事実を今一度…
2020.02.11
70年代 フォーク・ロック

荒井由実(松任谷由実 ) 『卒業写真』 昭和50年 私の青春そのものをひこうき雲にのせて 

荒井由実さんと言えば、懐かしのこの曲 知らず知らずのうちに、「人ごみに流されて 変わってゆく」かもしれません。 でも必ずや、この歌が(初恋の彼?が)優しく「しかって」くれ、そして励ましてもくれるでしょう。
2020.02.11
タイトルとURLをコピーしました