70年代 演歌

スポンサーリンク
70年代 演歌

三橋美智也 『達者でナ』 それにつけても…牧歌的だなぁ 

昭和45年発売  「三橋で明けて三橋で暮れる」 「三橋美智也」さんは とんでもない領域の職人技を、謙虚にそして心地よく披露されています。 昭和の歌謡界の中で、いや日本の伝統芸能の世界では、忘れてはならないアーティストなのです。
2020.02.10
70年代 演歌

江利チエミ 『酒場にて』 昭和49年 映画「サザエさん」で長い夜を過ごしてみては 

酒場での女一人の哀愁をすべて引き受けます。 「好きでお酒を 飲んじゃいないは・・・」 哀しいですねぇ ニックニューサで知った私は、「江利チエミ」さんのオリジナル曲との出会いなのです。 改めて彼女の歌い方を聴くと、深い 深すぎます そして哀しすぎます。 気持ちの入りようがハンパないのです。 女の人が一人家に帰っても そう、ただ暗い闇が待っているだけなのです。 愛の香りも消えた部屋には・・・
2020.02.10
70年代 演歌

大ちゃん数え歌 昭和45年(いなかっぺ大将) / 天童よしみ 珍島物語

「天童よしみ」さんを遡(さかのぼ)っていたら、たまたまの「いなかっぺ大将」だったのです。 「珍島物語」なかでも私が一番に注目したのは芸術的なトランペットです。 イントロからガツンとパンチが入り、〈これでもか〉と哀愁とともに鳴り響きます。
2020.02.10
70年代 演歌

由紀さおり 『挽歌』 若い頃よりお慕い申し上げ候…

昭和の実力者「由紀さおり」さんが歌いあげます。 最初、「やはり・・・」といきなり入ります。 そして2番のはいりが、「たぶん・・・」と続くのです。 素晴しすぎます。 今でいう ”つかみはOK"って感じでしょうか。
2020.02.29
70年代 演歌

さくらと一郎 『昭和枯れすゝき』  「平成枯れすすき」も泣けます 

偉大なる昭和、尊敬すべき昭和、素晴らしき昭和の象徴的歌なのです。 可憐な女性 さくらさん ひたむきさ・愛の深さがこの一言に込められているようで、この「なぜっ」に出会いたく、何度も何度も聴かせていただいています。
2020.02.11
70年代 演歌

内田あかり 『浮世絵の街』  「今夜だけ」もおススメです どちらも声量と年季が違います

「夜の香りを しみこませ・・・」 妖艶な衣装で内田あかりさんは舞台で舞っています。 純真無垢な中一少年の私にとって、歌詞の意味など分かろうはずもなく、 まして「おんなごころの哀しみが浮世絵に...」などと言われましても。 昭和の名作、昭和の哀愁が漂います。
2020.02.11
70年代 演歌

都はるみ 『雨やどり』 好きになった人との雨宿り… 梅雨もまたいいものです   

作詞:阿久悠 作曲:小林亜星のコンビが、前作「北の宿から」の大ヒットの後の渾身の一曲です。 ”傘は あなたが さしかけて 私がさせば ぬれるから” この始まりの歌詞で、もう心を持っていかれました
2020.02.11
タイトルとURLをコピーしました