小泉今日子 『優しい雨』 鈴木祥子 あなたたちに会えてよかった

バラード曲に雨はつきもの

昭和で言うなら『雨の物語』『どうぞこのまま』(ボサノヴァかな)『Rainy Blue』

平成では『雨』(森高千里)そしてこの曲『優しい雨』

 

優しい雨 1993年

 

作詞:小泉今日子 作曲:鈴木祥子

 

この曲との出会いは、素晴らしき作家多才な音楽家心震わすギターリストとの出逢いだったのです

 

小泉今日子 素晴らしき作家

 

昭和57年デビュー「花の82年組」《堀ちえみ・石川秀美・松本伊代・シブがき隊etc.》です

私にとってのアイドルと言えば「石野真子」ちゃんあたりまででしょうか(昭和56年、結婚発表を機に引退)

なので、小泉今日子さんの活躍をあまり知りません(ドラマもほとんど見ていないのです)

 

80年代アイドルとしてではなく、作家として

 

この歌の始まりの言葉が、この物語の全体像を、何となく予感させるのです

 

心の隙間(すきま)に 優しい雨が降る 疲れた背中を そっと湿(しめ)らせていく

 

それはまるで、あの有名な冒頭文

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」(川端康成/『雪国』より引用)

を、思い起こさせてくれます(実は一度も読んでいません)(あくまでも個人のイメージです)(少し強引だったかもしれません)

 

出会ってしまった二人

 

 

こんなに普通の 毎日の中で 出会ってしまった 二人

 

「出会ってしまった」

作家「小泉今日子」さんは、過去と現在の「あらゆる気持ち」「切ない状況」を、この短い文字に集約します

 

 

あなたの知らない 誰かと見つめてた

 

ダイヤモンドのように揺れ輝く街が、一つずつ消えていきます(引用多数あり)

 

ひとつずつ 消えていく 夜の静けさに 息をひそめて 見守るの

 

息をひそめて見守っているのは、夜景なんかではありません

「彼の気持ち」そして二人の男性を愛した、「自分の本当の想い」だったのかもしれません(注:あくまでも個人的な解釈です)

最後に心で叫びます

 

抱きしめて 連れ去ってよ (中略)  はじまってしまったから・・・

 

「出会ってしまった」そして「はじまってしまった」

きっちりと、現在完了形で統一されています

 

それにしても最後のこの言葉が、いつまでも心に残ります

”はじまってしまったから・・・”

「小泉今日子先生」は、偉大なる作家であることに誰も異論はないでしょう

 

ここからは、自分でも意味不明な部分もあり、受験生以外はとばして次へお願いします。

 

実は、「現在完了形」という言葉が使いたかったので、少し勉強しました

このブログを見て下さっている中高生の皆さん(全国に3名ぐらいを目標にしています)、よろしければ一緒に頑張りましょう

まずは、「過去形」と「現在完了形」(have+過去分詞形)の違いから

昨日ご飯を食べた(過去):映像的現在を含まない

先ほどご飯を食べたので出かけよう(現在完了形):現在を含む(出会って、今も出会った状態にあります)

ちなみに「過去完了形」(had+過去分詞形): 父が帰った時、すでにご飯を食べていた(過去のある時点よりさらに前、食べるのを終えていた状態です)

これであなたも、英文法の達人です(そんなわけありません)

昭和の名曲 河合奈保子 ハーフムーン・セレナーデ

 

鈴木祥子・多才な音楽家

 

以前にも使った言葉ですが、この人こそ本物の「超人バロム1」昭和47年よりテレビにて)でした

「バロム1」は二人の少年が合体(バロム・クロス)して、悪(魔人・ドルゲ)と戦いますが、「鈴木祥子」さんはたった一人で立ち向かいます

 

あるアルバムでは、作詞、作曲、編曲、プロデュースをはじめ、収録曲全曲のドラムス、ギター、ベース、キーボード、ボーカル、コーラスなどすべてのパートを一人で演奏しています(ウィキペディアより)(超人バロム1も、これにはお手上げでしょう)

私の「多才の概念」が根本から崩れてしまいそうな、離れ業の持ち主なのでした

 

ボーカリスト・鈴木祥子

 

「ピアノの弾き語り」と「ギターソロ」での歌声を聴かせていただきました(同じ年、この曲をセルフカバーされています)

特にギターソロバージョンでは、いつも以上に気持ちが入り、一言一言語り掛けるみたいに歌われています(ビブラートの部分は絶品でした)

 

かなり低い音から入るこの曲は、音の上下が激しい上、サビ前までの音階は難易度が高く、かなりの歌唱力が求められます(素人判断の講釈ですみません、要は「歌がハンパなく上手」ということが言いたいだけです)

たぶん、これほどの才能の持ち主なので、ご自分で、ギターの弾き語りも出来たはずです

それでもあえて、「笛吹利明」(うすいとしあき)さんに依頼されています

 

「アコースティックギターの神」(私が今勝手に名付けました)が必要だったのでしょう(一流アーティストだからこそ、分かりあえる領域があるはずです)

一般人には、とうてい理解できない音の世界です

 

笛吹明利・心震わすギターリスト

 

「アコースティックギターの神」

 

ひとつひとつの音が確実に響いてきます

ライブ演奏で、これほどまでに魅了された音楽を聴いたことがありません(スタジオ録音かと思えるほどです)

たぶん、この世界では有名な方なのでしょう

 

こんな私が今さら偉そうに、と思われているでしょうが・・・(申し訳ありません)

(初めて聞くお名前でした)(ていうか、そもそもギター奏者の名前は誰も知りません)

『22才の別れ』『秋止符』ギターイントロが、めっちゃ好きな私にとっては、やはりこの演奏は「神」でした

 

P.S.

 

リカバー二スト (こんな言葉があるのか知りませんが・・・)

 

南沙織さんの『春の予感ーI’ve been mellow』(昭和53年)

昭和の名曲です

その後、シンガーソングライター「尾崎亜美」さんが作詞作曲されており、初めて他者に楽曲提供した作品だということを知りました

 

リカバーされた『春の予感』は、彼女独特の世界感で表現されていました(昭和53年発売)

鈴木祥子さんを知れば知るほど、「尾崎亜美」という衝撃的なアーティストとの出逢いを思い出さずにはいられません

 

昭和の「尾崎亜美」そして平成の「鈴木祥子」

 

このブログのカテゴリーのひとつ「昭和/平成の名曲 平成生まれもぜひ聞いて」編には、欠かすことのできないアーティストだったのです

 

リカバー二スト「尾崎亜美」さん「鈴木祥子」、そしてリカバリーの達人「タイガーウッズ」

3人の見事な映像が目に焼き付いて離れません(ウッズについては意味不明です)(リカバーとリカバリーでは意味もぜんぜん違うし)(少し疲れたようなのでこのへんで・・・)

 

 

昭和の名曲 雨 三善英史 / 森高千里 

昭和を残す 平成の名曲 
スポンサーリンク
昭和の名曲 一曲入魂ブログ  70年代~80年代の懐メロ 200選(収まりきれないかも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました