坂本九 『上も向いて歩こう』 「心の瞳」で今一度見つめたい

昭和の名曲と言えば、『上を向いて歩こう』

国民的歌手「坂本九」さん(以降、失礼とは思いましたが、九ちゃんと呼ばせてください)が歌ってくださいます

 

このブログの記事も、駄文(だぶん)ばかりを積み重ね、100記事目となりました

私にとって、日本人にとって「九ちゃん」なくして、昭和音楽は始まらない気がします

 

上を向いて歩こう  昭和36年(1961年)

 

作詞:永六輔 作曲:中村八大

 

「一人ぽっち」永六輔

 

「永六輔」さんを尊敬するさだまさしさんは「右も左も、上も下もない人」とおっしゃっています

”ウィキペディア”には、たくさんの説明が記されています

一つ一つ読んでいると、一人の伝記が綴(つづ)られているがごとく、興味深いものでした

 

「せき・こえ・のどに浅田飴」のイメージが強い、古い歌の作詞をしていた「ラジオの人」から、一本筋が通った生き方をされてきた、偉大なる昭和な人へと一新されました

永さんの歩み、詩の世界に、心より感銘を受けました

 

 

上を向いて 歩こう 涙がこぼれないように

 

この歌い出しを聞いて、いったい何人の人達が、勇気をもらったことでしょう(木琴の軽やかなイントロも、心が和(なご)みます)

 

 

思い出す 春の日 一人ぽっちの 夜

 

「一人ぽっち」との言い方は、九ちゃんによく似合います

永六輔さんの詩の力を感じずにはおれません

 

坂本九さんが歌うとなぜか

 

 

思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜

 

でもなぜでしょう、九ちゃんの明るい声を聞いていると「一人ぼっち」じゃない気がしてきます

 

 

幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に

 

幸せは、遥(はる)か彼方(かなた)、実際にあるかどうかも分かりません

不安がいっぱいなのです(この詩には、そんな想像までしてしまいます)

 

でもなぜでしょう、九ちゃんの笑顔を見ていると、明るい未来が見えてきます

今日がどんなに辛くとも、明日への希望が湧(わ)いてくるのです

 

 

泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜

 

泣きながら、しかし歩きつづけます

どこまでも前向きな九ちゃんと重なるようで、悲しくも励まされる思いになります

 

「SUKIYAKI」中村八大

 

 

悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに

 

軽やかなリズムとこの旋律が、世界中の人々を魅了します

SUKIYAKI/(上を向いて歩こう)」の世界的大ヒットで、改めて日本でも再評価されるのです(世界的に知名度の高い米国の音楽チャート「ビルボード」ランキング週間1位に輝きます)

あくまでも日本語版で、受け入れられたのです

 

「中村八大」さんの曲が全米を駆け巡ったことは、日本の誇りでしょう

 

『こんにちは赤ちゃん』で二度目のレコード大賞を受賞されています

テンポよく流れる曲の数々は、どれも雄大さをも兼ね備えているように思われます

(私は特に『初めての街で』が好きです)(西田佐知子 / 菊正宗CMソング)

 

昭和の名曲 西田佐知子 女の意地 

 

坂本九「雲の上に、空の上に」

 

ロックン・ロール(ロカビリー)出身というのも驚きでしたが、チャリティー活動や、特に手話を取り入れた音楽に熱心だったことを、初めて知りました

 

日本初の手話の歌『そして想い出』(昭和54年)を全国ろうあ者大会で披露します

「九ちゃんのたくさんの慈善活動を知るにつけ、日本の福祉事業、ボランティア活動文化は、10年遅れたのではないでしょうか」

と書こうとメモしていましたが・・・(”ウィキペディア”で、「彼の死により、手話が市民権を得るのに5年は遅れた」と、実際に記されていたので、かなり先を越されていたようです)

 

間奏の口笛はご本人が吹いておられます

あの素敵な笑顔が「雲の上に、空の上に」浮かび、口笛の音色が「雲の上、空の上」からいつまでも聞こえてくるのです。

 

日本人の心を蘇らせてくれる昭和の名曲『上を向いて歩こう』

平成の世に鬼才「近藤房之助」さんが、素晴らしいカバーをされています

決して失ってはならない、昭和の心が歌い継がれていたのでした。(2020年12月・追記)

 

B.B.クィーンズ おどるポンポコリン 1990年

 

P.S.

 

遺作 『心の瞳』

 

1985年5月発売されています(日本航空123便墜落事故・1985年8月12日)

 

作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし 編曲:川口真

 

 

心の瞳で 君を見つめれば 愛すること それが

どんなことだか わかりかけてきた

 

九ちゃんは、今後について、自分の歌について深く考えていたのかもしれません

夫人「柏木由紀子」さんへ本当の気持ちを伝えるラブソング、ステージの最後に歌えるような曲ができたらいい(”ウィキペディア”より)と、語っていたようです

妻を愛し、家族を愛し、障碍者(しょうがいしゃ)の方々を愛し、そして人を愛し続けた「坂本九」さんです

 

ボランティア活動の経験さえない私です

せめて家族へ、『心の瞳』で見つめることから始められたらと

 

突然の事故、予想だにしなかった災害にあわれ、尊い生命を無くされた方、ご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます (2020/3/11)

 

それでは、この歌詞の終りを記載して、この記事を閉じたいと思います

 

愛のすべて 時の歩み いつもそばで わかち合える・・・

心の瞳で 君を見つめれば

 

昭和の名曲 60年代まで
スポンサーリンク
昭和の名曲 一曲入魂ブログ  70年代~80年代の懐メロ 200選(収まりきれないかも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました