桑名正博 『月のあかり』 息子は微妙ですが、歌は本物でした 

来月(2020年/10月)でもう8年が経とうとしていました

 

改めて”ウィキペディア”で調べてみました(うまい文章導入に、思わずさっき寄付させられました)

そこには、大麻・ファンへの対応のまずさ・「アン・ルイス」さんとの離婚・・・

ウィキペディアの前半部分の説明には、いいことなんて書かれていません

でも、最後までじっくりと読んでみると、やはり・・・好きになっていました

 

8年前、病院の窓からの「月のあかり」はどんな風に見えていたのでしょう・・・

 

月のあかり 昭和53年(1978年)

ファンでもない私は、オリジナルを聴いたこともなく、彼について多くを知りません

しかしこの、ギターひとつでの動画をみてしまってからは、何度も何度も聴いていたい

そんな思いを強くするのでした

 

作詞:下田逸郎 作曲:桑名正博

 

灯りを つけるな 月の光が

イントロからのギターの音色とハミングは、もうそれだけで昭和の名曲でした

バラードの究極が、突然目の前に現れてきたのです

 

やさしく お前を てらしているから

「やさしくぅ!」

こんな歌唱法を今まで聞いたことがなく、しょぼいこの胸にも深く突き刺さり、「ドキリ」とさせられます

 

ふり向くな この俺を 涙 ぐんで いるから

「ふりむ~~くぅな」の「くぅ」のところに、痺(しび)れが止まりません

歌唱力の高さとしか表現できない自分がもどかしいほどの、全体を通しての異次元なパフォーマンスを披露されます

 

長い 旅に なりそうだし さよならとは 違うし

作詞家「下田逸郎」さんのこの「し」の使い方に驚きます

時代の先取り感が尋常でなく、「桑名正博」さんのカッコよくオシャレな感じにぴったりとはまります

 

この街 から 出てゆく だけだよ

 

ギターの音色が、「桑名正博」さんの歌唱と仲良く手をつなぎ、二人の仲の良さに嫉妬さえ感じてしまいます

 

2番へ、サビのくり返しへとドラマは流れていきます

そして最後のクライマックスが・・・

 

「桑名正博」さん、あなたはやはり本物のサムライでした

あなたこことを、僭越(せんえつ)ではありますが『セクシャル・バイオレンスNO.1 』と呼ばせてください

(「バイオレンス」は暴力的という意味ではなく、激しさ・強烈さの意味です)

 

この街 から 出てゆく だけだよ

 

最後は、「この世から、出ていくだけだよ」ってつぶやいているように、私には聞こえました

また次の世でお会いできれば幸せです

 

この映像が永遠に配信され続けることを心より切望いたします。

P.S.

「月のあかり」って

月が光るのは、太陽の光を反射しているからです。

他の惑星もそうですが、月が一番近くにあるため一番明るいのです。月と太陽の位置関係によって月の満ち欠けが起こります。月が地球をはさんで太陽の正面にきた時が満月です。月が太陽の裏側にきた時が新月です。満月の月が地球の影に入ると月食が起こります。

  • ( noname#236さんの質問回答を掲載させていただきました)

アホな私には、分かったような分からないような・・・・

中秋の名月

秋(七月~九月)の中で、ちょうど真ん中の日が「中秋」、八月十五日です。そのため、八月十五日を「中秋の名月」と呼んで月を愛でることにしたようです  ”アストロアーツ”より引用

今年の「中秋の名月」は10月1日です(天保暦(いわゆる「旧暦」)による日付)

秋の夜長に月を眺めながら、お団子を食べながら、昭和の名曲を聴く

 

これ以上の安らぎは他になく、ウサギのお餅つきを想像していた頃の自分を、懐かしく振り返らせてくれることとなりました。

 

河合奈保子 ハーフムーン・セレナーデ 昭和61年

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました