岩崎宏美 『思秋期』 昭和における日本人の聖母(マドンナ)

紫色を基調としたシングルレコードのジャケットが忘れられません

「岩崎宏美」さんの特にファンでもなかった私の部屋には、この作品と『すみれ色の涙』があった気がします

 

デビューから2年、まだ18歳だった彼女の声は透き通り、どこまでも伸びていきます

直球の速さは高校時代が一番という噂のある「江川卓」さんをなぜか彷彿とさせるのです

 

天性の才能を武器に「若さ」を身にまとい、惜しげもなく投げ込んでいく二人

この姿を記憶から蘇らせることができる私たち昭和人は、心から幸せ者だと改めて思います

 

『思秋期』 涙のレコーディングと伸びのある直球

作詞:阿久悠 作・編曲:三木たかし

 

1977年(昭和52年)、彼女は高校を卒業した3か月後にレコーディングは行われました

岩崎は歌詞の内容に気持ちが高ぶり何度も泣いて歌えなくなり、その日のレコーディングは取りやめになった、という。後に岩崎は阿久に「おじさんの年齢(当時の阿久は40歳)の人が、何故自分の生活や心情が分かるのか不思議でならなかった」と話した (ウィキペディアより)

 

不安を抱え、涙をこらえ、18歳の少女はこの難しい歌を当たり前のように歌っています

この時点で、ほぼ投球フォームは完成されていたのかもしれません

 

無口だけれど あたたかい 心を持った あのひとの

別れの言葉 抱きしめ

ここから入るバイオリンの音色とその旋律にうっとりとします

この素敵な歌詞と重な合い、編曲家「三木たかし」さんの偉大さを感じます

 

二度目の転調でクライマックスを迎えます

壮大なアレンジもここに極まります

 

無邪気(むじゃき)な春の 語らいや

はなやぐ夏の いたずらや

笑いころげた あれこれ 思う 秋の日

”あれ~これ~”

転調され、さらに高くなったこの部分

「岩崎宏美」さんは、ゆったりとしたフォームで剛速球を投げ込みます

手元のスピードガンでは、165㎞を観測しました

 

当時に近いであろう、白い襟を付けた赤いドレスで歌うあるYouTubeの生歌映像がありました

(90年代以降になると、残念ながらファルセットで歌う機会が多くなったこの高音域です)

この時期の彼女のパフォーマンスは、人の声の響きの限界や容量をはるかに超えていたと思います

 

「江川卓」さんがメジャーで通用したかどうかは、誰もわかりません

しかし、彼女のこの当時の切れと艶のある速球は、世界レベルに達していたに違いありません

しかも、「カーブ」しか変化球がなかった江川さんに比べ、多様な表現力と繊細なビブラートを用いる彼女は無敵なのです

 

カーブで思い出しましたが、ストレートに苦しみながらもインローに多きく曲がる球を、少し泳ぎながらもライトスタンドに叩き込んだ「掛布雅之」さんのバッティングも忘れられません

江川ファンだった私も、なぜか妙に納得したものです

 

話がそれましたが、結論を言います

「怪物江川」+「職人掛布」+「ビジュアルがいい」天才歌手「岩崎宏美」

この数式は、令和になっても普遍的に残り続ける気がします。

 

 

 

P.S.

全盛期映像と大谷翔平

もう一度書きます

2年前にユーチューブにアップされた「李平郎」チャンネルの『思秋期』、消される前にぜひ聞いてみてください

 

まるで「昭和の大谷翔平/女性編」のように、登場しています

打って、投げて、走って、やさしくて、笑顔が素敵で、すべての国民を感動させて・・・

彼女もまた、日本人の誇りなのです

 

天才編曲家による別バージョン

そしてこの歌には、「萩田光雄」さん編曲バージョンがありました

素晴らしいです

幸せです

時がゆっくりと流れていくようです

 

年を重ねたせいか、ますますこのバージョンに惹かれていきます

秋の訪れが年々遅くなる昨今、じっくりと「秋」を思ってみたい今日この頃なのでした

 

P.S. パート2 題名

『思秋期』と題名をつける「阿久悠」さん、さすがです

ペンネームからしてとてもシャレています

 

この流れで聞きたくなる歌は、もうこれしかありません

「アリス」の名曲『秋止符』

 

私の大好きな秋がすぐそこまで来てくれました。

 

 

岩崎良美 生きる勇気をもらえるハイパフォーマンス 『タッチ』

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました