昭和の名曲 70年代

スポンサーリンク
70年代 演歌

テレサ・テン 『夜のフェリーボート』 『ジェルソミーナの歩いた道』 一途な愛へのつぐないです

哀愁を帯びた声、声量、高音の伸び、儚(はかな)げな表情、もう何も言うことはありません 「アジアの歌姫」は、私の心の中で、いつまでも両手を広げて 歩きつづけているのです。
2020.02.10
70年代 歌謡曲

風吹ジュン 『愛がはじまる時』それは彼女が40歳を過ぎた頃からでしょうか  

歌唱力の低さは、認めざるを得ません しかし、「癒(いや)しを与える」という一点に絞れば、昭和の最高傑作に違いありません
2020.02.10
70年代 歌謡曲

中村雅俊 俺たちの旅(ドラマ) / ただお前がいい 当時の心の「ふれあい」がいい 

流石(さすが)に表現の仕方や言い回しなど、私などには難しく、理解できない部分も多くあります あくまでも、自己満足の解釈ですので、お許しください 歌詞が難しいのがいい よく分からないのがいい そして、最後のテロップもいい
2020.03.16
70年代 演歌

冠二郎 『旅の終りに』 旅の終わりに小さな夢を見つけます

昭和の演歌は、ドラマ性に富み、3番まであるのが魅力の一つです ”誰にわかってほしくはないが・・・” いい詩だねぇ~、いい響きだねぇ~、男だねぇ~
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

クラフト 『僕にまかさてください』 さだまさし:作詞・作曲にて名曲確定です 

この出だしのフレーズは「さだまさし」にしか作れない、不滅の旋律だと思います そこに、美しい昭和の日本語や、とても優しい言葉が紡(つむ)がれています
2020.02.10
70年代 演歌

森昌子 『なみだの桟橋 』『越冬つばめ』 ものまねの”せんせい”はカバー曲も完璧でした

最後に一曲だけ生で聴けるとしたら・・・ 美空ひばりさんを知らない私は、やはり」『越冬つばめ』 歌唱は、昭和59年~昭和61年の「森昌子」さんでお願いします
2020.02.10
70年代 歌謡曲

山口百恵 『ささやかな欲望 』/『 ありがとうあなた』 ありがとう、三浦友和さま

「スター誕生」の森昌子に憧れ、阿久悠にけなされ、大人の世界を14歳から見つめてきた彼女 特に当初は、歌うことは生活することであり、生きるために歌い続けてきたのかもしれません
2020.02.10
70年代 フォーク・ロック

山本潤子 『竹田の子守歌』 赤い鳥   心が洗われる、そんな翼をくださいました

竹田地方の普通の子守歌・・・ではなかったのです 透き通る声は、唄の原点を、人としての原点を、昭和を見つめ直すようにと、言われている気がします
2020.02.10
70年代 歌謡曲

丸山圭子 『どうぞこのまま』  名曲は輝き続け隠しきれない そこは「ガラスの森」なのだから…

昭和の名ボサノヴァをどうぞ。 雨の日は特に、この歌が聴きたくなり、口ずさみたくなります。 雨が降れば、鬱陶(うっとう)しいことも多く、大変です。 しかし、良い事もちょっとだけもたらしてくれるのでした。
2020.02.10
70年代 演歌

西田佐知子 『女の意地』『初めての街で』(菊正宗CMソング) いつのも酒にいつものコーヒー…ルンバ

女の意地 昭和40年 サックスの嘆きとともに、「女の意地」を哀しく伝えながらも、ゆっくりと流れていきます。 「初めての街で」まさか、「菊正宗」のCMソングを歌われていた人とは驚きです。好きにならない選択肢はありません。 初めての街で 昭和54年(1979年) シンプルで奥深い曲調に6番まで歌詞をつけました
2020.02.10
70年代 歌謡曲

長渕剛 『素顔』 アルバム「逆流」より 再出発の二人に乾杯!

実質的なデビュー曲『巡恋歌』(昭和53年)後、2枚目のアルバム「逆流」にこの歌は収められています 今でも昔でも、長渕剛さんは、「自分」を生きることの尊さを、教えてくれる人なのです
2020.02.10
80年代 歌謡曲

「倉田まり子」「桑江知子」「竹内まりや」 昭和55年新人賞は逸材ぞろい「HOW!ワンダフル」!

70年代最後に駆け込んだわけではないでしょうが、この年の新人賞争いはし烈を極めました 倉田まり子 桑江知子 竹内まりや (杏里 松原のぶえ) そうそうたるメンバーに井上望ちゃんが仲間入りしています
2020.02.10
タイトルとURLをコピーしました