沢田研二 『許されない愛』 第23回紅白「ベスト5曲」➃ 今も「ジュリー」と叫びたく…

許されない愛 昭和47年

 

作詞:山上路夫 作曲:加瀬邦彦 編曲:東海林修

 

沢田さんの数ある楽曲の中で、この歌だけはカラオケで歌ったことがあります

無性に聴きたくなり、歌いたくもなるのです

 

 

帰るところのある あなたなら 遠くで 僕は幸せを ひとり祈るだけ

 

じっと気持ちを抑え続けます(この時の哀し気な表情がたまりません)

”分かっているが、若者の命をかけた愛です

 

奪って逃げて行きたい

最後の「行きたい」

絶叫です(ファンでなくても、普通に失神します)

 

井上堯之バンド

 

紅白では、初の専属バンドとして、堂々の演奏です

テロップに「ザ・いのうえバンド」と表示されました(たぶん)

「専属なんだ」と驚いた気もします(ダン池田さん申し訳ありません)

 

彼らの音楽センスなくして、「沢田研二」は語れません

 

・井上堯之:ギター

 

・大野克夫:オルガン(のちに「太陽にほえろ」の楽曲などを多くを引き継ぐ)

 

・岸部修三:ベース(のちの名俳優・岸部一徳)

 

・原田裕臣:ドラムス

 

心地よいオルガンと、迫力あるトランペットが迫(せま)り来るのです(歌い手と楽器がちょっと戦っているみたいです)

 

2番から合流するエレキギターは絶妙で、一緒にデュエットするかのようです(仲直りしたようです)

そして、エンディングの時間は短いですが、ずっと聴いていたい気分なのです

 

沢田研二さんは、「勝手にしやがれ」以降、益々ビジュアル系に拍車がかかり≪これでもか≫というくらいに攻めていきます(雨を降らせたり、ウイスキーを口で吹きかけたり、世の女性を(男性も)酔わせます)

 

そしてついに、

昭和55年元旦に発売した「TOKIO」で電飾の衣装を身に着け、パラシュートを背負います

その後も彼の人気は止まりません

 

しかし、悲しいことに昭和55年1月24日大野堯之バンドは解散するのです

まるで私が、80年以降少し距離を置き始めたように・・・

 

大スター沢田研二と作曲家と沢田研二

 

スーパースター

 

GS(グループサウンズ)ブームを知らない私は、『危険な二人』で初めて彼のことを認知したのです

それ以降の活躍は、誰もが認める文字通りの超スーパースター

 

当時人気絶頂のアイドル「石野真子」ちゃんに、彼氏に対し「ジュリーがライバル」たれ、と言わしめたほどです(あくまでも曲の中でです、念のため)

「許されない愛」を当時の音源で聴いたり、初期の映像を見るにつけ、彼の歌唱の変化に驚かざるを得ません

 

5年・10年・20年と留(とど)まることなく、進化し続けているのです(体形の進化は、ちょっぴり残念ですが、それを飲み込んだうえでの「大スター沢田研二」だと思います)

彼のコンサートの人気が分かる気がします(私がもし行くときだけでも、ドタキャンしないでね)

 

作曲家、沢田研二

 

『コバルトの季節の中で』『ス・ト・リ・ッ・パー』『麗人』

自ら歌った名曲たちです

特に「コバルト…」は、心が和む曲調で、「ほっとする私」に気づかせてくれたのは、詩の影響ばかりではない気がします

提供曲も多彩で、ほんの一部のご紹介です

 

『東京の女』《ザ・ピーナッツ》(大阪の女とは全然違います)

タイガース在籍時代です(昭和45年)(二人の接点はココなのか?)

 

『ラ・セゾン』《アン・ルイス》(詩・曲ともに流石です)

出産後の、気合の一曲です

ご存じ作詞は、三浦(山口)百恵さん(昭和57年)

(友達の百恵ちゃんにゴリ押しし、大ファンの沢田さんにも無理やり依頼)(アンさんらしい、ノリノリの曲とパワフルエピソードです)

 

”注:個人のイメージです・エピソードはかなり脚色しています”

 

P.S.

 

岸部一徳 ベーシスト&俳優

 

ウキペディアより

一番怖いものは何?

 

ベトナム戦争が激化していた当時、雑誌インタビューで質問され、他のメンバーが「戦争」「武器」などと答える中、

「人の心」

 

と彼は、答えます

 

表情一つ変えず、飄々(ひょうひょう)と対応する姿が、想像されます

信念(ハードロック志向)に基づき、バンド活動も昭和49年脱退

役者の道へと進みます

 

しかし、沢田研二さんとは、今でも親交が深いのは、お互い認め合う何かがあるからでしょう

 

名脇役なれど・・・

 

今でも、とても好きな俳優です

ベースという楽器のチョイス、俳優業でも脇役が多い気がします

 

あえてそこを選んでいるのかもしれません

でも私は、「岸部一徳」主演映画が見たいです(社会派ドラマかコメディ希望です)

 

題名は、一番怖い「人の心」でお願いします。

 

 

昭和の名曲 ちあきなおみ 喝采  ⑤

昭和の名曲 ルビーの指環 寺尾聰(あきら) 

昭和曲 特集編
スポンサーリンク
昭和の名曲 一曲入魂ブログ  70年代~80年代の懐メロ 200選(収まりきれないかも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました