りばいばる/リバイバル 中島みゆき/ 五輪真弓  失恋ソングの競演 再上映をお楽しみください

みゆきワールド VS 五輪ビブラート

対戦(バーサス)ではなく、見事なバラードの共演かもしれません

 

りばいばる 昭和54年

 

まずは失恋ソングの女王、中島みゆき お姉さまから。

 

お決まりの作詞:作曲でございます。

彼女に限りませんが、作詞作曲されて自らお歌いになられる。

 

「お決まり」と簡単に言いましたが、それ自体大変なことであり、選ばれし者の偉業でもあります。

尊敬の念しかございません。

 

そんな傑作ぞろいの中島みゆき作品の中からの「りばいばる」です。

暗い 哀しい 切ないと三拍子そろい踏みは大前提と言えるではないでしょうか。

中島みゆきさんに対する偏見かもしれませんが・・・

 

しかしながらこの作品の歌詞をたどってみると、悲しさ辛さを表現する言葉はほとんど使われていません。

 

 

酒に氷を入れて 飲むのが好き それが誰の真似かも とうに忘れたころ

 

ここがすごい。

 

ただ、「ひたすら愛してるとささやく歌」がもう一度、流行(はや)っていまうのです。

いわゆる、リバイバルソングの流行。

この一番辛い時期、このタイミングで、この歌がまた流れてくるかぁ~って感じです

なんという皮肉、なんというめぐり合わせでしょうか。

 

当事者にとってどう考えても嫌がらせとしか考えられません。

私なら、わが身を恨み世を妬(ねた)み、スマホ片手に引きこもるでしょう。

それを普通の言葉で普通に語りかけるのです。淡々と・・・

 

ゆっくりとシンプルな曲調で・・・

 

忘れられない歌が もう一度はやる (1番)

やっと忘れた歌が もう一度はやる (2番)

 

深いです。 女王と言われる所以(ゆえん)なのかもしれません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中島みゆき作品集 [ 深町純 ]
価格:2578円(税込、送料無料) (2019/10/18時点)


 

桜田淳子 化粧  中島みゆき作詞・作曲 

 

リバイバル 昭和56年

 

そしてもう一人 五輪真弓 お姉さまの「リバイバル」

 

こちらは情景たっぷりに「雨の音」からの始まりです(オリジナルより)

こちらも同じシンガーソングライターとしてゆずれません。

 

やはり失恋と言えば雨でしょう。

降りしきるしかありません。

 

 

あれほど赤く燃えさかった心が、今は灰色のリバイバル

あれほど優しかった面影が、今は蒼(あお)ざめたリバイバル

 

理解力・読解力の乏しい私にとってはかなり高難度ですが、なんかすごい歌詞・すごい表現だと、単純に感動いたします。

 

心に染み入るビブラート

 

数ある傑作(正直、みゆきさんほどは…?)の中からの「リバイバル」

何度聴いたことでしょう。

 

この雨の音と素敵なそして唯一無二のビブラートを・・・

どうしても聴いてほしいのです。

この安定した心地よさ、目を閉じて聴けばもう雲の上。

気持ち良くたゆたうこと間違いなしです。

 

思えば歌詞もさることながら、このビブラートを永遠に聴いていたかったのかもしれません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五輪真弓 / ベスト・コレクション [CD]
価格:2288円(税込、送料別) (2019/10/18時点)


 

 

昭和の名曲 花ぬすびと 明日香 /(ASQUA) 

 

P.S.

 

揺蕩う・【たゆたう】とは

 

 調べてみました

1.ゆらゆらと漂っている。止まらずにずっと揺れ動いている。

2.心があれこれと迷う。気持ちを決めかねる。

なるほど、納得の説明です。

 

ということは、上記の引用の仕方は本来の意味合いとは微妙に合ってないような・・・

まぁ細かいことはさておき、この語感この響き・・・

日本語っていいですね。この国に生まれて本当に良かったと思います。

 

ただ残念なことに、この私は生れてこのかたずっと「たゆたい」続けているようです。

 

                        了 

 

 

 

 

 

昭和曲 特集編
スポンサーリンク
昭和の名曲 一曲入魂ブログ  70年代~80年代の懐メロ 200選(収まりきれないかも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました